CONTENTSコンテンツ

リスク管理最前線 第34回 〜リスクの合算と統合型リスク管理〜
  • 欧米金融機関の現場から
  • リスク管理コラム

リスクの合算と統合型リスク管理 前回は代表的なリスクの定量化指標について触れましたが、多種多様なリスクの種類や定量化指標が存在する中で、全体像を把握し、影響度の大きいリスクを認識し、全体的に合算されたリスクが許容度に近づいているかを把握することは容……

リスク管理最前線 第31回 〜リスクの類型と相互関連(パート2)〜
  • 欧米金融機関の現場から
  • リスク管理コラム

リスクの類型と相互関連(パート2) 前回はリスク類型化の意義と、主要なリスク要因の内、ビジネスリスクと戦略リスク、および市場リスクについて触れましたが、今回は引き続きその他の主要なリスク要因、ならびにリスク要因間の相互関連について述べたいと思います……

リスク管理最前線 第30回 〜リスクの類型と相互関連(パート1)〜
  • 欧米金融機関の現場から
  • リスク管理コラム

リスクの類型と相互関連(パート1) 今回からリスク管理の原点に立ち返って、何をなすべきなのか、リスク管理態勢や手法についてのポイントを点検していきたいと思います。リスクとは何か。日常的に使用されている言葉ですが、実態は漠然としています。一言で表すと……

リスク管理最前線 第29回 〜バリュー・アット・リスク実践編 モンテカルロ・シミュレーション法〜
  • 欧米金融機関の現場から
  • リスク管理コラム

バリュー・アット・リスク実践編 モンテカルロ・シミュレーション法 前回までにバリュー・アット・リスク(以下「VaR」)推定手法のうち、分散共分散法とヒストリカル・シミュレーション法をご紹介いたしましたが、今回はもう一つの代表的手法であるモンテカルロ……

リスク管理最前線 第28回 〜バリュー・アット・リスク実践編 ヒストリカル・シミュレーション法〜
  • 欧米金融機関の現場から
  • リスク管理コラム

バリュー・アット・リスク実践編 ヒストリカル・シミュレーション法 前回はバリュー・アット・リスク(以下「VaR」)推定手法のうち、比較的簡便な分散共分散法を取り上げましたが、今回は金融機関において広く実用化されているヒストリカル・シミュレーション法……

リスク管理最前線 第27回 〜バリュー・アット・リスク実践編 分散共分散法〜
  • 欧米金融機関の現場から
  • リスク管理コラム

バリュー・アット・リスク実践編 分散共分散法 以前本コラムにおいてバリュー・アット・リスク(以下「VaR」)の意義や推定方法について概略をご紹介いたしましたが、実践編として、VaR推定の手法を、実務家の視点からもう少し詳しくご紹介したいと思います。……

リスク管理最前線 第26回 〜リスク管理態勢強化と独立したリスク管理部署の重要性〜
  • 欧米金融機関の現場から
  • リスク管理コラム

リスク管理態勢強化と独立したリスク管理部署の重要性 前回まで主に最先端の金融機関におけるリスク管理について、主に市場リスクの観点から、リスク管理の枠組みや経営陣の役割、リミット管理、バリュー・アット・リスク(VaR)やストレス・テストなどのリスク定……

リスク管理最前線 第25回 〜コモディティ市場のリスク管理(パート2)〜
  • 欧米金融機関の現場から
  • リスク管理コラム

コモディティ市場のリスク管理(パート2) 前回はコモディティ(商品)市場におけるサプライ・チェーンとカントリー・リスクについてご紹介いたしましたが、今回は市場リスク、特に価格変動リスク管理に触れたいと思います。前回申し上げましたとおりコモディティ市……

リスク管理最前線 第24回 〜コモディティ市場のリスク管理(パート1)〜
  • 欧米金融機関の現場から
  • リスク管理コラム

コモディティ市場のリスク管理(パート1) コモディティ(商品)市場は、これまでに本コラムでご紹介してきた債券、為替、クレジット、株式等の金融商品市場と異なり、メインプレーヤー(参加者)は銀行や証券会社等の金融機関ではなく、コモディティ専門業者や事業……

リスク管理最前線 第23回 〜株式市場のリスク管理(パート2)〜
  • リスク管理コラム
  • 欧米金融機関の現場から

株式市場のリスク管理(パート2) 前回は株式市場における市場リスクとヘッジ手法についてご紹介いたしました。今回はやや専門的になりますが、引き続き株式市場のリスクについて、金融機関におけるリスクの定量化や管理手法のポイントをご紹介します。 ポイント……