CONTENTSコンテンツ

調達コストのリスク管理(43)都市ガスのコストと原油価格
  • 新聞掲載
  • Web掲載
  • 日刊工業新聞
  • 大崎将行

半年―9カ月、時間差で連動 【広範な波及経路】 世界的にエネルギー価格の上昇が続いている。特に原油価格の上昇はさまざまな波及経路を通じて、タイムラグ(時間差)を伴いながら直接材・間接材と広範に影響を及ぼす。従って調達品別にその影響のメカニズムを理……

調達コストのリスク管理(42)市場価格変動の波及経路とタイムラグ
  • 新聞掲載
  • Web掲載
  • 日刊工業新聞
  • 大崎将行

「いつ・どこに」全体像把握 原油価格の上昇が止まらない。世界的なコロナワクチン接種率の高まりによる需要回復やOPEC(石油輸出国機構)プラスによる減産幅の維持など複数の要因が重なり合い、趨勢(すうせい)としては上昇傾向を維持している。今後についても……

調達コストのリスク管理(41)リスク対策実施による副次的効果
  • 新聞掲載
  • Web掲載
  • 日刊工業新聞
  • 大崎将行

全ての業務スムーズに回る 調達コストのリスク管理において“事前の値決め”や“ヘッジ”といった対策を実施する主目的は、調達コストのリスク要因が顕在化した際にでも、計画予算を守るために事前に「調達コストのリスクを低減させておく」ということに他ならない。……

調達コストのリスク管理(40)調達コストのリスクの取り方
  • 新聞掲載
  • Web掲載
  • 日刊工業新聞
  • 大崎将行

目的に沿ったリスク選ぶ 「原材料価格の上昇により調達コストが予算を超えて困っている…」。世界的な原材料・資材価格の上昇を受けて、このような相談が後を絶たない。話をよく聞くと、顧客自身で打てる対策はやり尽くしているにもかかわらず、その成果が表れていな……

調達コストのリスク管理(39)「安く買う」ことへの注意
  • 新聞掲載
  • Web掲載
  • 日刊工業新聞
  • 大崎将行

経営上の「意義」を明確に 【何に対して】 原価低減は調達部門の責務中の責務であり、中でも調達単価の低減、いわゆる「安く買う」ことは全ての調達担当者にとって至上命令だろう。一方で安く買うといった場合、「何に対して安く買うのか」という、その比較対象を……

調達コストのリスク管理(38)資源・商品の急騰と事前の備え
  • 新聞掲載
  • Web掲載
  • 日刊工業新聞
  • 大崎将行

ピンチ 事前の備えで好機に 【影響は不可避】 資源・商品価格の上昇が止まらない。非鉄に鉄鋼原料といった主要な商品価格は言わずもがな、農産品から木材価格に至るまでこの急騰の流れをくんでいる。結果として、川中の米卸売物価指数(PPI)は前月比1%を超……

調達コストのリスク管理(37)リスクに対する企業の姿勢評価
  • 新聞掲載
  • Web掲載
  • 日刊工業新聞
  • 大崎将行

製造業「備えの不備」収支直結 【エネ価格上昇】 コロナショック以降の経済回復と各国の財政出動を受けて、資源・エネルギー価格の上昇が続いている。ワクチンが世界的に普及し、経済活動が新型コロナウイルス拡大前の水準に戻る過程ではさらなる上昇の懸念も残る……

調達コストのリスク管理(36)電気料金、頭悩ます要因多く
  • 新聞掲載
  • Web掲載
  • 日刊工業新聞
  • 大崎将行

“事前の備え”無駄にならず 過去6回にわたって説明してきた「電気料金の従量単価のリスクならびにリスク管理」について総括しておこう。 【タイムラグ】 電気料金の従量単価は、燃料費調整制度の下、料金改定時点の燃料価格を基準とした「基準燃料価格」と直……

調達コストのリスク管理(35)電力の調達単価と燃料市場価格
  • 新聞掲載
  • Web掲載
  • 日刊工業新聞
  • 大崎将行

最長9カ月のタイムラグ 燃料費調整制度で契約(燃調契約)している電力コストの従量単価については、火力発電燃料価格の変動分が燃調単価を通じて料金単価に反映されるが、燃料市場価格の変動が実際に料金単価に反映されるまで最長9カ月のタイムラグがある。電力コ……

調達コストのリスク管理(34)電力コスト、金融手法によるリスクヘッジ
  • 新聞掲載
  • Web掲載
  • 日刊工業新聞
  • 大崎将行

値決め自由もハードル3つ 燃料費調整制度で契約(燃調契約)している電力コストの従量単価(燃調単価)のリスク対策は、電力会社と直接交渉して燃調単価を固定化する方法と、金融取引を用いてのリスクヘッジの二つの手法がある。後者については、電力会社との交渉を……

調達コストのリスク管理(33)電力コスト、従量単価のリスク対策
  • 新聞掲載
  • Web掲載
  • 日刊工業新聞
  • 大崎将行

「一定量」事前の値決め有効 【10―20%変動】 電力コストの従量単価の振れ幅(変動率)については、卸市場連動契約でない一般的な燃料費調整制度契約(燃調契約)でも、契約電力会社によっては年間10%、高ければ20%になる。一般的に電力コストなどの光……

調達コストのリスク管理(32)燃調契約の電力コストのリスク
  • 新聞掲載
  • Web掲載
  • 日刊工業新聞
  • 大崎将行

大きな振れ幅、単価上昇続く 【再確認する機会】 年明けから1月末までの電力卸市場のスポット価格の高騰により、卸市場に連動する契約(卸市場連動契約)で調達している需要家の電力コストの上昇が見込まれている。卸市場連動契約は「火力発電燃料費(原油/LN……