CONTENTSコンテンツ

リスク管理最前線 第55回 〜バリュー・アット・リスク(VaR)モデルに関するその他の論点〜
  • 欧米金融機関の現場から
  • リスク管理コラム

バリュー・アット・リスク(VaR)モデルに関するその他の論点

バリュー・アット・リスク(以下「VaR」)モデルに関して、これまでに代表的な手法や運用方法についてご紹介してきましたが、その他の論点についても多くの論文や見解が発表されており、モデルの特性や改善すべき点について、規制当局や実務家の間で検討がなされてきました。今回はその他の論点について、可能な限り、概要をまとめてご紹介いたします。

保有期間の想定


金融機関の必要自己資本の算定目的においては、バーゼル委員会により10日間の保有期間が設定されています。保有期間の妥当性について、市場流動性の低下等を考慮すると、ある程度長い期間の市場変動を取り入れるのが保守的と言えますが、10日の間にトレーディングのアクティビティにより、ポートフォリオがかなり変化する可能性もあり、VaRにおけるポジション不変の前提が現実的でなくなるとも言えます。また実務的なリスク指標として通常使用されている保有期間1日間のVaRを、保有期間の平方根でスケールする簡便的な方法(例えば10日間ならば√10倍する)がありますが、価格にジャンプする特性がある場合等においては、リスクを過小評価してしまう可能性があります。

ボラティリティの時変性


一般的なVaRモデルにおいてボラティリティは一定とされていますが、株式や金利等の変動を観察すると、明らかにボラティリティが高い時期とそうでない時期が混在し、ボラティリティは時変です。このような特性をVaRモデルに織り込むことで、より現実的なモデルが実現できると期待される反面、循環的なVaRが生成されたり、結果が不安定になったりで、実用化には課題があると言われています。

流動性リスクの反映


市場環境により流動性が低下すると、ビッド・オファー・スプレッド(売値と買値の差)が拡大する傾向があり、このスプレッドの変動をVaRモデルに取り込む試みがあります。ストレスケースにおいては特に重要となりますが、多くの場合、十分なデータが存在せず、実用化が難しいと言えます。また保有期間の議論とも関係しますが、ポジションの大きさや流動性により、ポジション解消に要する日数は変わると考えられるので、ポートフォリオに一律の保有期間を定めるのではなく、ポジションの種類毎に可変化する手法も研究されてきました。

VaR以外のリスク指標の併用


過去のコラムでも取り上げていますが、VaRは便利な指標ですが万能ではなく、VaRの閾値を超える損失の期待値である「期待ショートフォール」や、ストレスシナリオ発生時の市場変動データをタイムシリーズとして使用する「ストレスVaR」、そしてストレスシナリオの影響を分析する「ストレス・テスト」等を併用して、リスクを多面的に観測することの重要性がより認識されてきています。

統合VaRと細分化されたVaR


VaRは、全社、事業部門毎、あるいは特定のポートフォリオ等、多様なレベルでの推定が可能です。一般的には全社レベルのVaRは、事業部門毎のVaRの総和より小さくなる等、よりハイレベルなVaRにおいて、分散効果によるリスク低減が観測されるケースが多いのですが、必ずしもそうではなく、逆に各セクターのVaRの和より、統合したVaRの方が大きくなるケースも見られます。この事実は事業部門毎の必要自己資本の合計が、全社レベルでは十分でないというケースも生じ得ることを示唆しており、統合リスク管理の重要性を再認識させられます。

VaRモデルベースの必要自己資本ルールが金融システムに与える影響


金融機関のVaRモデルベースの必要自己資本ルールが、好不況の波を大きくし、金融システムを不安定にしているという皮肉な見解があります。例えば過去3年間のヒストリカルデータをタイムシリーズとして使用している場合、同じポジション構成でも、好況時には資産価格の下落データが少なくVaRが小さくなるため、ポジションの積み増しが可能となり、さらに相場上昇を加速させます。一方、不況時には資産価格の下落データが多くなりVaRが大きくなるため、リスクを減らすためポジションを手仕舞う必要が生じ、さらに相場を下落させます。このように自己資本ルールが金融機関の行動に影響与え、その結果価格の上昇または下降のトレンドが強まり、金融システムをより不安定なものにしている可能性があるという見解です。前述の「ストレスVaR」はストレスシナリオをタイムシリーズ内に固定しているため、この問題にある程度対処していると言えますが、金融機関の健全性や金融システムの安定性等、異なる目的を同時に充足させるためには規制ルールにはまだ課題があり、改善の余地があると言えます。

【参考文献】
・Market Risk Management and Measurement (Pearson Education) 等

◇MRAフェロー 伊東啓介

リスク管理最前線 第54回 〜バリュー・アット・リスク(VaR)マッピング〜
リスク管理最前線 第53回 〜バリュー・アット・リスク(VaR)モデルのバックテスト〜
リスク管理最前線 第52回 〜市場リスク指標の推定(パート5)テール・リスク定量化の統計学的アプローチ〜
リスク管理最前線 第51回 〜市場リスク指標の推定(パート4)ノンパラメトリック手法の利点と欠点〜
リスク管理最前線 第50回 〜市場リスク指標の推定(パート3)ヒストリカル・シミュレーション法の改善手法〜
リスク管理最前線 第49回 〜市場リスク指標の推定(パート2)期待ショートフォールの推定とリスクデータの初期検証〜
リスク管理最前線 第48回 〜市場リスク指標の推定(パート1)損益・利益率データの生成とVaR〜
リスク管理最前線 第47回 〜統合型リスクマネジメント (ERM) (パート2)〜
リスク管理最前線 第46回 〜統合型リスクマネジメント (ERM) (パート1)〜
リスク管理最前線 第45回 〜データ統合とリスクレポーティング〜
リスク管理最前線 第44回 〜信用リスクの移転手法〜
リスク管理最前線 第43回 〜リスク管理のガバナンス(パート5)リスクのモニタリングと部署間の連携〜
リスク管理最前線 第42回 〜リスク管理のガバナンス(パート4)リスクアペタイトとリミット〜
リスク管理最前線 第41回 〜リスク管理のガバナンス(パート3)取締役会の役割〜
リスク管理最前線 第40回 〜リスク管理のガバナンス(パート2)〜
リスク管理最前線 第39回 〜リスク管理のガバナンス(パート1)〜
リスク管理最前線 第38回 〜リスク管理ロードマップ(パート4)リスクアペタイトの実践〜
リスク管理最前線 第37回 〜リスク管理ロードマップ(パート3)リスク管理運用態勢の構築とリスクリミット体系〜
リスク管理最前線 第36回 〜リスク管理ロードマップ(パート2)リスクのマッピングと戦略の選択〜
リスク管理最前線 第35回 〜リスク管理ロードマップ(パート1)リスク・アペタイトの設定〜
リスク管理最前線 第34回 〜リスクの合算と統合型リスク管理〜
リスク管理最前線 第33回 〜リスクの定量化指標〜
リスク管理最前線 第32回 〜リスクの認識〜
リスク管理最前線 第31回 〜リスクの類型と相互関連(パート2)〜
リスク管理最前線 第30回 〜リスクの類型と相互関連(パート1)〜
リスク管理最前線 第29回 〜バリュー・アット・リスク実践編 モンテカルロ・シミュレーション法〜
リスク管理最前線 第28回 〜バリュー・アット・リスク実践編 ヒストリカル・シミュレーション法〜
リスク管理最前線 第27回 〜バリュー・アット・リスク実践編 分散共分散法〜
リスク管理最前線 第26回 〜リスク管理態勢強化と独立したリスク管理部署の重要性〜
リスク管理最前線 第25回 〜コモディティ市場のリスク管理(パート2)〜
リスク管理最前線 第24回 〜コモディティ市場のリスク管理(パート1)〜
リスク管理最前線 第23回 〜株式市場のリスク管理(パート2)〜
リスク管理最前線 第22回 〜株式市場のリスク管理(パート1)〜
リスク管理最前線 第21回 〜英国の新型コロナウィルス対策に見るリスク管理の考え方〜
リスク管理最前線 第20回 〜外国為替(FX)のリスク管理〜
リスク管理最前線 第19回 〜債券市場のリスク管理〜
リスク管理最前線 第18回 〜金利オプション取引の活用によるリスク管理〜
リスク管理最前線 第17回 〜金利市場リスク(パート3)〜
リスク管理最前線 第16回 〜金利市場リスク(パート2)〜
リスク管理最前線 第15回 〜金利市場リスク(パート1)〜
リスク管理最前線 第14回 〜流動性リスク(パート2)〜
リスク管理最前線 第13回 〜流動性リスク(パート1)〜
リスク管理最前線 第12回 〜ソルベント・ワインドダウン(円滑な業務撤退)計画の作成〜
リスク管理最前線 第11回 〜自己資本充実度の評価(パート2)〜
リスク管理最前線 第10回 〜自己資本充実度の評価(パート1)〜
リスク管理最前線 第9回 〜ストレス・テスト(パート2)〜
リスク管理最前線 第8回 〜ストレス・テスト(パート1)〜
リスク管理最前線 第7回 〜バリュー・アット・リスク(パート2)〜
リスク管理最前線 第6回 〜バリュー・アット・リスク(パート1)〜
リスク管理最前線 第5回 〜リスク・リミットの設定と管理(パート2)〜
リスク管理最前線 第4回 〜リスク・リミットの設定と管理(パート1)〜
リスク管理最前線 第3回 〜リスク管理フレームワーク(枠組み)の構築〜
リスク管理最前線 第2回 ~まずはリスクアペタイトありき~
リスク管理最前線 第1回 ~なぜリスク管理が必要か?~