SIMULATIONシミュレーション

貴社の電気料金単価に占める「市場価格連動」部分の割合

2019年12月分の貴社電気料金単価の内訳

矢印 矢印

貴社電気料金単価のが市場価格に連動

【昼間】

矢印 矢印

貴社電気料金単価のが市場価格に連動




【夜間】

矢印 矢印

貴社電気料金単価のが市場価格に連動

貴社の電気料金単価における「市場価格連動」部分の過去の推移

2016年1月~2019年12月の貴社電気料金単価の内訳

2016年1月~2019年12月までの
市場価格連動部分の振れ幅:

[円/kWh]

  • 最大:[円/kWh]
  • 最小:[円/kWh]

2016年1月~2019年12月の貴社電気料金単価の内訳 

2016年1月~2019年12月までの
市場価格連動部分の振れ幅:

[円/kWh]

  • 最大:[円/kWh]
  • 最小:[円/kWh]

2016年1月~2019年12月までの
市場価格連動部分の振れ幅:

[円/kWh]

  • 最大:[円/kWh]
  • 最小:[円/kWh]

貴社の今後1年間の電力コストのリスク

  • シミュレーション期間:2020年1月 ~ 2020年12月
  • 総電力使用量: [kWh]

貴社のシミュレーション期間中の電力コストの試算結果

 矢印   矢印 
              

貴社電力コストに影響を与える
現在想定される市場価格リスク要因

【ファンダメンタルズ要因】
・世界的な景気回復期待の高まり
・米利下げ期待は後退
【特殊要因】
・OPECの減産遵守強化・期間延長
・米中通商問題の再燃(香港問題が飛び火)
・英総選挙
【投機・投資マネー要因】
・四半期末を意識したロングポジションの解消(価格下落)
【最後に】

上記に代表されるような市場価格リスク要因が顕在化した際には、貴社の今後1年間/翌年度1年間の電力コストは最大 円 ~ まで振れることが想定されます。(この振れ幅を「電力コストのリスク」と呼びます。)
昨年、今年の電力コストと対比した場合に上記「電力コストのリスク」は許容できる範囲でしょうか?
また、来年度の電力コストの計画予算と比べた時に、上記「電力コストのリスク」は計画上問題のない範囲でしょうか?
弊社では「電力コストのリスク」に関して、具体的なリスク対策まで含めたリスクマネジメントに関する各種サポートをご用意しております。こちらからお気軽にお問い合わせください。



【併せて確認しておきたい】

試算の前提

・ご入力いただいた契約内容、契約料金単価、電気使用量を元に、シミュレーション期間中の月別の電力コストを算出し合算
・「ベース」の電力コストについては、直近の燃調単価を用いて、シミュレーション期間中の電力コストを試算
・「上限」ならびに「下限」の電力コストについては、既に確定している燃料費調整単価については確定単価を用いて、未確定の単価については弊社特許技術を用いて、シミュレーション期間中の国際市場価格ならびに為替レートの市場価格リスクから燃料費調整単価のリスクを推定し、シミュレーション期間中の電力コストを試算
・上限ならびに下限の電力コストの信頼区間については、両側90%を採用(上限95%~下限5%)



注意事項

・本シミュレーション結果は弊社独自の試算であり、貴社において実際に発生する電力コストに関して一切保証するものではありません
・本シミュレーション結果を用いて貴社に生じる問題ならびに不利益について、弊社は一切の責任を負いかねます