SIMULATIONシミュレーション

貴社の電気料金単価に占める「市場価格連動」部分の割合

2021年1月分の貴社電気料金単価の内訳

矢印 矢印

貴社電気料金単価のが市場価格に連動

【昼間】

矢印 矢印

貴社電気料金単価のが市場価格に連動




【夜間】

矢印 矢印

貴社電気料金単価のが市場価格に連動

貴社の電気料金単価における「市場価格連動」部分の過去の推移

2017年1月~2020年12月の貴社電気料金単価の内訳

2017年1月~2020年12月までの
市場価格連動部分の振れ幅:

[円/kWh]

  • 最大:[円/kWh]
  • 最小:[円/kWh]

2017年1月~2020年12月の貴社電気料金単価の内訳 

2017年1月~2020年12月までの
市場価格連動部分の振れ幅:

[円/kWh]

  • 最大:[円/kWh]
  • 最小:[円/kWh]

2017年1月~2020年12月までの
市場価格連動部分の振れ幅:

[円/kWh]

  • 最大:[円/kWh]
  • 最小:[円/kWh]

貴社の今後1年間の電力コストのリスク

  • シミュレーション期間:2021年2月 ~ 2022年1月
  • 総電力使用量: [kWh]

貴社のシミュレーション期間中の電力コストの試算結果

 矢印   矢印 
              

貴社電力コストに影響を与える
現在想定される市場価格リスク要因

【ファンダメンタルズ要因】
・コロナ禍下でも商業ベースの需要が回復。
・サウジアラビアの自主減産による供給制限。
【特殊要因】
・コロナウイルスのワクチン接種進捗に伴う経済活動の再開(上昇要因、ただし変異型などにワクチンが有効でなかった場合は下落要因に)。
・原油価格上昇を受けたOPECプラスの増産(抜け駆け増産)バイアスの高まり(下落要因)。
・中国と米欧諸国の対立による輸出活動の鈍化(交易量の減少を通じて、下落要因)。
・原油価格低迷による財政状況悪化と食品供給懸念、米大統領線挙の結果を受けたパワーバランスの変化で中東の政情が混乱(上昇要因)。
【投機・投資マネー要因】
・株価調整圧力の強まりを受けた株安がドル高を誘発する場合。また、米景気回復期待がドル高を助長する場合、手仕舞い売り圧力の強まりで価格の下落要因に。
・株式市場の個人投資家の振る舞いによる混乱を受けた、当局の投機規制の可能性(下落要因)。
【最後に】

上記に代表されるような市場価格リスク要因が顕在化した際には、貴社の今後1年間/翌年度1年間の電力コストは最大 円 ~ まで振れることが想定されます。(この振れ幅を「電力コストのリスク」と呼びます。)
昨年、今年の電力コストと対比した場合に上記「電力コストのリスク」は許容できる範囲でしょうか?
また、来年度の電力コストの計画予算と比べた時に、上記「電力コストのリスク」は計画上問題のない範囲でしょうか?
弊社では「電力コストのリスク」に関して、具体的なリスク対策まで含めたリスクマネジメントに関する各種サポートをご用意しております。こちらからお気軽にお問い合わせください。



【併せて確認しておきたい】

試算の前提

・ご入力いただいた契約内容、契約料金単価、電気使用量を元に、シミュレーション期間中の月別の電力コストを算出し合算
・「ベース」の電力コストについては、直近の燃調単価を用いて、シミュレーション期間中の電力コストを試算
・「上限」ならびに「下限」の電力コストについては、既に確定している燃料費調整単価については確定単価を用いて、未確定の単価については弊社特許技術を用いて、シミュレーション期間中の国際市場価格ならびに為替レートの市場価格リスクから燃料費調整単価のリスクを推定し、シミュレーション期間中の電力コストを試算
・上限ならびに下限の電力コストの信頼区間については、両側90%を採用(上限95%~下限5%)



注意事項

・本シミュレーション結果は弊社独自の試算であり、貴社において実際に発生する電力コストに関して一切保証するものではありません
・本シミュレーション結果を用いて貴社に生じる問題ならびに不利益について、弊社は一切の責任を負いかねます