SIMULATIONシミュレーション

電気料金単価は、「①電力量料金単価」「②燃料費調整単価」「③再生可能エネルギー発電促進賦課税単価」の3つの単価で構成されています。

上記3つの単価のうち「②燃料費調整単価」については、“原油”や“天然ガス”、“石炭”などの国際市場価格や為替レートの変動をダイレクトに料金単価に反映させる「燃料費調整制度」という仕組みにより契約期間中、毎月変動します。
(よって実は電気料金単価は毎月変動しています。)

電気料金単価を

  • 国際市場価格や為替レートに連動する部分(市場価格連動) と
  • 連動しない部分(非連動)

に分けて改めて整理し直すことで、自社の電気料金単価における市場価格リスクに晒されている割合が見えてきます。
(詳細については、「電力コストの削減・安定化」のページをご覧ください。)

以下の入力フォームに必要項目を入力することで、

  • 貴社の電気料金単価に占める「市場価格連動」部分の割合
  • 貴社の電気料金単価における「市場価格連動」部分の過去の推移
  • 貴社の今後1年間(もしくは翌年度1年間)の電力コストのリスク(基本料金も含めた金額ベースでの想定振れ幅)

が無料で即、簡単にシミュレーションできます。
この機会に貴社の電気料金の市場価格リスクを確認してみませんか?

最後に…

“うちは電力会社と交渉して電気代を削減したから大丈夫”というコメントを時折頂戴します。
しかし皮肉なことに、「電力会社との個別交渉」や「競争入札」により、基本料金や電力量料金単価の引き下げを実現した企業ほど、電力料金全体に占める「市場価格連動部分」の割合が高くなり、市場価格リスクの影響を受けやすくなります。
「基本料金や電力料金単価を引き下げる為の対策」と「電気料金の市場価格リスクに対する対策」は全く異なる対策なのです。

入力フォーム

※  出力のサンプルをご覧になる場合は、「シミュレーションをする」をクリックしてください。
※※ 貴社の電気料金の市場価格リスクを計算する場合は、貴社の契約内容にご変更頂いた後、「シミュレーションをする」をクリックしてください。





現在の契約状況をご入力ください

契約電力会社
高圧/特別高圧
電力タイプ
契約種別
供給電圧
契約電力
[ kW ]

電気の使用量をご入力ください

12ヵ月分の電気使用量を自動計算する (以下の項目を入力することで使用量の概算が自動計算されます)

の電気使用量が [ kWh ]

電気の時間帯別使用割合は

昼間(平日午前8時~午後10時) [%]

夜間(昼間以外の時間帯) [%]

ピーク時間(7月~9月の平日午後1時~午後4時)の昼間の時間帯に占める使用割合 [%]

12ヵ月分の電気使用量を入力する (精度の高いシミュレーション結果となります)

単位:kWh

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
合計
  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
合計
ピーク
昼間
夜間

契約料金単価をご入力ください

基本料金単価 [円/kW]

電力量料金単価 【標準(季節別)】

  • 夏季 [円/kW]
  • その他季 [円/kW]

基本料金単価 [円/kW]

電力量料金単価 【季節別時間帯別】

  • 夏季ピーク [円/kW]
  • 夏季昼間 [円/kW]
  • その他季昼間 [円/kW]
  • 夜間 [円/kW]

シミュレーション期間をご入力ください

事業年度開始月