CONTENTSコンテンツ

新型肺炎新規感染者数減少で上昇
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(メタル)

2020年2月14日 第1687号

◆昨日のベースメタル市場総括


「新型肺炎新規感染者数減少で上昇」

新型肺炎の早期終息期待を受けた買戻し。
WHOの集計データでは、新型コロナウイルスの新規感染者数(「検査の結果」陽性反応が確認された患者数)が減少に転じており、2月中に同問題が終息するのでは、との期待が高まっていることは景気循環銘柄価格の上昇要因に。

実需家の安値拾いの買い。
中国が18兆元の資金供給を行い、各国とも金融緩和への期待が高まる中、先行きを楽観する見方が強まり安値拾いの買いが入りやすい地合いにあり、価格を下支え。

中国の工場稼働停止とヒト・モノの移動停止継続。
新型肺炎の影響が早期に終息するのでは、との期待が高まっているものの、現実には中国の工場稼働停止は継続しており、ヒトやモノの移動も制限されている状態であることから足元の需要は弱く、価格の下押し要因に。

◆今日のベースメタル市場見通し


「週末を控えたポジション調整で下落」

週末を控えたポジション調整の手仕舞い売り。
新型コロナウイルスの拡大状況が市場動向に影響を与えているが、週末2日でまた新しいニュースが出てくるのでは、との懸念は強くポジション調整圧力が高まることは、この数日の価格上昇もあって下落要因に。

株価の下落によるリバランスによる売り。
時間的に織り込めなかったが、NY連銀がレポオペを通じた資金供給を減額する方針を示したことで株価が調整、リバランスの売り圧力が強まり安いことは非鉄金属価格の下落要因に。

中国の工場稼働停止とヒト・モノの移動停止継続。
新型肺炎の影響が早期に終息するのでは、との期待が高まっているものの、現実には中国の工場稼働停止は継続しており、河北省の高炉稼働率も過去5年平均を割り込むなど低迷。ヒトやモノの移動も制限されている状態であることから足元の需要は弱く、価格の下押し要因に。


昨日発表のニュース一覧(総合・メタル)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/LME在庫/上海在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について