CONTENTSコンテンツ

週末を挟んだ手仕舞い売りで下落
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(メタル)

2020年2月10日 第1685号 週末版

◆昨日のベースメタル市場総括


「週末を挟んだ手仕舞い売りで下落」

新型肺炎の影響を懸念した株安による調整売り。
各国で新型肺炎対策が進んでおり、早期にワクチンが完成するのではないかとの見方で株価が楽観的に上昇していたが、週末にネガティブなニュースが出るのでは、との見方から株が売られ、同様に非鉄金属価格の下押し要因となった。

米雇用統計改善を受けたドル高の進行。
米雇用統計は市場予想を上回る良好な内容だったが、過去の指標であり新型肺炎の影響を織り込んでいないとして、むしろそれを受けたドル高進行が、商品市場では売り材料となった。

実需家の安値拾いの買い。
中国が18兆元の資金供給を行い、各国とも金融緩和への期待が高まる中、先行きを楽観する見方が強まり安値拾いの買いが入りやすい地合いにあり、価格を下支え。

◆今日のベースメタル市場見通し


「新型肺炎の影響継続、ドル高進行で再び軟調か」」

新型肺炎・鳥インフルエンザの影響による需要減少観測。
世界的に新型肺炎の影響が拡大しており、特効薬がない中でヒト・モノの移動を強制的に制限する動きが強まっていること、さらにこれに加えて鳥インフルエンザも発生したことは景気の減速観測を強め、景気循環銘柄価格の下落要因に。

リスク回避のドル高進行。
新型肺炎の影響拡大と各国の対応に依拠するが、今のところ感染拡大は続いており逃避通貨への需要が高まっていることはドル高を進行させ、ドル建て資産価格の下落要因に。

実需家の安値拾いの買い。
中国が18兆元の資金供給を行い、各国とも金融緩和への期待が高まる中、先行きを楽観する見方が強まり安値拾いの買いが入りやすい地合いにあり、価格を下支え。


昨日発表のニュース一覧(総合・メタル)/マクロ材料のポイント(地域経済・為替・株式市場)/主要指標/メタル価格中長期見通し/パフォーマンス/LME在庫/非鉄金属価格・取引所在庫・期間構造/上海在庫/統計発表予定/中国ベースメタル貿易統計/中国関連経済統計/中国鉄鉱石・鉄鋼製品在庫/ビジネスへのヒントなど、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について