CONTENTSコンテンツ

S&P500とWTIの前年比比較(2020年2月28日東京時間19時時点)
  • ファンダメンタルズ情報

S&P500とWTIの前年比の間には高い相関。S&P500は原油から乖離して上昇していたのでこの調整はある意味自然なもの。

※2011年~2015年頃まで価格の前年比上昇率が乖離しているのは、1.量的緩和で株は上昇したが、実態経済を表しやすい原油の価格は低迷していた(ボルカールールの適用で投資銀行が原油を含む商品市場から撤退したことも影響)、2.OPECショックで生産調整が放棄された、ことによるもの。

その他の詳しい解説は「MRA商品レポート for PRO」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for PRO】について