CONTENTSコンテンツ

IMF見通し下方修正とパンデミック懸念で軟調
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(エネルギー)

2020年1月22日 第1674号

◆昨日のエネルギー市場総括


「IMF見通し下方修正とパンデミック懸念で軟調」

新型コロナウイルスの感染拡大による景気減速懸念。
中国武漢で発生した新型肺炎の罹患者が拡大しており、今週末から始まる中国正月を契機に感染が拡大、経済滑動が鈍化する可能性が意識されていることは景気循環銘柄価格の下落要因に。

IMF経済見通しは下方修正。
IMF見通しでは、世界のGDP見通しは2019年が2.9%(前回予想比▲0.1%)、2020年が3.3%(▲0.1%)、2021年についても3.4%(▲0.1%)となった。実質GDPの下方修正は、需要の伸び減速を通じて景気循環系商品価格の下落要因に。

イラク・リビアの油田供給停止。
リビアは反政府勢力の攻撃で最大のシャララ油田からの供給が停止、イラクでも反政府デモの拡大で複数の油田からの供給が停止していることは、原油価格の上昇要因に。

◆今日のエネルギー市場見通し


「景気の先行きへの懸念から軟調も供給懸念が支え」

新型コロナウイルスの感染拡大による景気減速懸念。
中国武漢で発生した新型肺炎の罹患者が拡大しており、米国でも罹患者が確認された。今週末から始まる中国正月を契機に感染が拡大して、経済滑動が鈍化する可能性が意識されていることは景気循環銘柄価格の下落要因に。

景気見通し下方修正による需要減速観測。
IMF見通しでは、世界のGDP見通しは2019年が2.9%(前回予想比▲0.1%)、2020年が3.3%(▲0.1%)、2021年についても3.4%(▲0.1%)となった。実質GDPの下方修正は、需要の伸び減速を通じて景気循環系商品価格の下落要因に。

中東地区の情勢不安。
イラクを中心とするシーア派の三日月地帯では反政府デモが拡大、油田の停止まで追い込まれていること、リビアでも供給停止が見られること、といった供給懸念は根強く原油価格の上昇要因に。


昨日発表のニュース一覧(総合・エネルギー)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/米原油石油製品在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について