CONTENTSコンテンツ

中東情勢一旦棚上げで堅調もドル高が重石
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(メタル)

2020年1月8日 第1668号

◆昨日のベースメタル市場総括


「中東情勢一旦棚上げで堅調もドル高が重石」

中東情勢は一旦棚上げ。
イランのソレイマニ司令官の殺害を受けてイランが報復を宣言しているが、喪に服している期間は攻撃がないとの見方が強まり様子見気分が強まったことは、非鉄金属価格の上昇要因に。

米ISM非製造業指数は市場予想を上回る改善。
米ISM非製造業指数は米GDPの7割を占める個人消費の先行指標の1つであるが、55.0(市場予想54.5、前月53.9)と市場予想を上回る改善となり、景気循環系商品価格の上昇要因に。

ドル指数の上昇。
米経済統計の改善や、イランの米国に対する報復観測を受けてリスク回避姿勢が強まり、ドル高が進行したことはドル建て資産価格の下落要因となった。

◆今日のベースメタル市場見通し


「米・イラン開戦懸念を受けて軟調」▼米・イランの開戦懸念を受けた景気への悪影響。
イランが米国に対して報復、これに対して米国が苛烈な反撃を行うと開戦となるため、リスク回避の株価の下落、株価下落を受けて個人消費や企業マインドに悪影響が及び景気を減速させるのでは、との懸念を強めていることは景気循環銘柄価格の下落要因に。

中国の預金準備率引き下げによる企業活動の改善期待。
中国政府は景気刺激のために年初から預金準備率を引き下げており、資金繰りが厳しい中小企業の景況感改善につながるのではとの期待を高めていることは、非鉄金属価格の上昇要因に。

中国に対する関税継続による製造業の流出懸念。
米中は関税の部分引き下げで合意したが、関税が撤廃されるわけではなく、追加関税が継続することに伴う中国企業の国外脱出は継続すると見られていることは非鉄金属価格の重石となっている。


昨日発表のニュース一覧(総合・メタル)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/LME在庫/上海在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について