CONTENTSコンテンツ

米中対立再燃懸念とドル安で高安まちまち
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(エネルギー)

2019年12月4日 第1651号

◆昨日のエネルギー市場総括


「米中対立再燃懸念とドル安で高安まちまち」

米中合意期待の後退。
米トランプ大統領は米中通商問題に言及、「中国との合意を大統領選挙後まで待つのは良い考えだ。中国は今合意することを望んでいる。」、としたことは合意期待を後退させ、景気循環系商品価格の下落要因に。

米統計減速や米中懸念を受けたドル安の進行。
米統計の減速や、トランプ大統領の発言を受けた株安・長期金利低下が起きたことは、実質金利の低下を通じてドル安が進行、ドル建て資産価格の上昇要因となった。

米景気の先行き懸念再燃。
米GDP、商品需要の先行指標であるISM製造業指数は48.1(市場予想49.2、前月48.3)と予想外に悪化、3回の利下げがあったにも関わらず、通商面での対立が製造業の重石になっていることが確認されたことは、景気循環銘柄価格の下落要因に。

◆今日のエネルギー市場見通し


「米中対立懸念と米石油在庫増加で軟調」

米石油統計は原油在庫増加の見込み。
米石油統計では原油在庫が▲1.5MBの減少になると予想されているが、朝方発表されたAPI統計では原油在庫の+3.7MBの増加が確認されており、原油価格の下落要因に。

米中合意期待の後退。
米トランプ大統領は米中通商問題に言及、「中国との合意を大統領選挙後まで待つのは良い考えだ。中国は今合意することを望んでいる。」、としたことは合意期待を後退させ、景気循環系商品価格の下落要因に。

米ISM非製造業指数は減速の見込み。
米ISM非製造業景況指数は54.5(前月54.7)と、前月から若干の悪化予想。先だって発表されたISM製造業指数は48.1(49.2、48.3)と悪化しており、通商問題が製造業に影響を及ぼしているのは明らかだが、これが個人消費にどれだけ影響が出てくるかに注目。


昨日発表のニュース一覧(総合・エネルギー)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/米原油石油製品在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について