CONTENTSコンテンツ

米中交渉進捗期待と統計改善で堅調もドル高が重石
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(エネルギー)

2019年11月26日 第1647号

◆昨日のエネルギー市場総括


「米中交渉進捗期待と統計改善で堅調もドル高が重石」

米中交渉進捗期待。
以前から言われていたが、中国側が知的財産の保護に関して検討すると伝えられたことは、米中交渉が進捗するのではとの期待を高め、景気循環銘柄価格の上昇要因に。

独IFO景況感指数は改善。
ドイツの日銀短観に該当するIFO企業景況感指数は95.0(市場予想95.0、前月94.7)、期待指数(92.1、92.5、91.6)、現況指数(97.9、97.9、97.8)といずれも改善、景況感の改善で景気循環銘柄の上昇要因に。

ドル高の進行。
欧州党系の改善はあったが、米中交渉が進捗するのではとの期待や、欧米の景況感格差からドルが上昇したことは、ドル建て資産価格の下落要因に。

◆今日のエネルギー市場見通し


「米中交渉進捗期待と統計改善で堅調」

米中交渉進捗期待。
以前から言われていたが、中国側が知的財産の保護に関して検討すると伝えられたことは、米中交渉が進捗するのではとの期待を高め、景気循環銘柄価格の上昇要因に。

米コンファレンスボード消費者信頼感指数は改善見込み。。
米個人消費・エネルギー消費の先行指標の1つであるコンファレンスボード消費者信頼感指数は127.0(前月125.9)と改善見込みであり、エネルギー価格の上昇要因に。

OPECは減産期間の延長を検討。
OPEC諸国は減産期間を延長する方向で検討しているとみられ、供給面で原油価格の押し上げ要因に。ただし、1.景気が底入れしていないこと、2.減産幅の拡大ではないこと、から影響は限定されると考える。


昨日発表のニュース一覧(総合・エネルギー)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/米原油石油製品在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について