CONTENTSコンテンツ

米統計改善と減産延長観測で上昇
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(エネルギー)

2019年11月22日 第1645号

◆昨日のエネルギー市場総括


「米統計改善と減産延長観測で上昇」

フィラデルフィア連銀指数は予想を上回る改善。
米景気先行指標の1つであるフィラデルフィア連銀指数は10.4(市場予想6.0、前月5.6)と市場予想を上回る改善となり、景気循環銘柄価格の上昇要因となった。

OPECは減産期間の延長を検討。
ロイター通信の報道によれば、OPEC諸国は減産期間を延長する方向で検討しているとみられ、供給面で原油価格の押し上げ要因となった。

OECD経済見通しは下方修正。
OECDは9月時点で経済見通しを下方修正していたが、今回も2020年見通しを2.9%に下方修正しており、景気への懸念が強まったことは景気循環銘柄価格の下落要因に。

◆今日のエネルギー市場見通し


「欧米統計の改善と米中協議進展期待、減産観測で堅調」

欧米製造業PMIは小幅に改善の見込み。
景気の先行指標である独製造業PMI(市場予想42.8、前月42.1)、ユーロ圏製造業PMI(46.4、45.9)、米国製造業PMI(51.4、51.3)といずれも小幅な改善が見込まれており、景気循環銘柄価格の上昇要因に。

米中交渉が進捗するのではとの期待。
基本的に合意するまでは売り材料として整理されるものであるが、中国側が「さらなる通商協議を行うために、米交渉担当者を北京に招く」とのコメントを発表するなどやや期待がたかまっていることは景気循環銘柄価格の上昇要因に。

OPECは減産期間の延長を検討。
OPEC諸国は減産期間を延長する方向で検討しているとみられ、供給面で原油価格の押し上げ要因に。ただし、1.景気が底入れしていないこと、2.減産幅の拡大ではないこと、から影響は限定されると考える。


昨日発表のニュース一覧(総合・エネルギー)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/米原油石油製品在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について