CONTENTSコンテンツ

米中協議進展期待で上昇もドル高が重石
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(エネルギー)

2019年11月8日 第1637号

◆昨日のエネルギー市場総括


「米中協議進展期待で上昇もドル高が重石」

米中協議が進展するとの期待。
中国商務省が、米中が段階的な関税引き下げで合意した、と発表したことで米中対立が鎮静化し、交易の回復期待が高まったことが景気循環銘柄価格の上昇要因となった(なおその後、ホワイトハウス内では関税引き下げに強硬に反対する勢力があるとの報道あり)。

米中協議進展期待を受けたドル高進行。
米中交渉が進展するとの期待が高まり、株価の上昇を受けて米長期金利も上昇、欧米金利差拡大を受けてドル高が進行したことは、ドル建て資産価格の下落要因となった。

米景気の先行き懸念の後退観測。
米ISM製造業指数・非製造業指数とも改善し、雇用統計も良好な内容を維持、米中協議の進捗観測を受けて米国のリセッション入り懸念が後退したことは、景気循環銘柄価格の上昇要因に。

◆今日のエネルギー市場見通し


「米中交渉進展期待も中国統計減速とドル高が重石」

米中協議進展期待を受けた景気への楽観。
報道の内容が錯綜しているが、中国側から米国と段階的な関税の引き下げで合意した、と報じられたことは景気の先行き懸念を後退させ景気循環銘柄価格の上昇要因に(ただし、段階的引き下げの条件やスケジュールについては不明)。

中国の貿易統計は前年比減速継続の見込み。
市場予想は輸出が前年比▲3.9%(前月▲3.2%)、輸入が▲7.8%(▲8.5%)と減速が継続していることを確認する内容になると考えている。中国の交易量の伸び鈍化は、景気循環銘柄価格の下落要因に。

米ミシガン大学指数は小幅な改善見込み。
米国の個人消費の指標であるミシガン大学消費者マインド指数にも注目している。市場予想は95.5(前月95.5)、現況指数が113.5(113.2)、先行指標が85.0(84.2)と底入れ感が強まる内容になると予想されており、景気循環銘柄価格の上昇要因に。


昨日発表のニュース一覧(総合・エネルギー)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/米原油石油製品在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について