CONTENTSコンテンツ

米中統計悪化を受けて総じて軟調
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(エネルギー)

2019年11月1日 第1633号

◆昨日のエネルギー市場総括


「米中統計悪化を受けて総じて軟調」

米シカゴ購買部協会指数は予想外の悪化。
米ISM製造業指数、GDPの先行指標であるシカゴ購買部協会指数は43.2(市場予想48.0、前月47.1)と予想外の悪化となり、景気循環銘柄価格の下落要因となった。

中国のPMIは予想外の悪化。
中国の製造業PMIは49.3(市場予想49.8、前月49.8)と予想外の悪化となり、中国政府の経済対策の効果が左程強く顕在化していないことを確認する内容であり、景気循環銘柄価格の下落要因に。

米統計減速を受けたドル安の進行。
米統計が減速していることを受けてドル指数が軟調に推移したことや、追加緩和期待が高まった(FF金利先物は期先が大きく低下)ことはインフレ系ドル建て資産価格の上昇要因となった。

◆今日のエネルギー市場見通し


「統計悪化や米中交渉難航観測で軟調」

米ISM製造業指数は予想外の悪化か。
米GDPの先行指標であるISM製造業指数は48.9(前月47.8)と改善見込みであるが、先行指標であるシカゴ購買部協会指数が43.2(48.0、47.1)と減速しており予想外の減速となる可能性があることは、景気循環銘柄価格の下落要因に。

雇用統計は雇用者数の伸び鈍化の可能性。
景気の遅行指標ではあるが、雇用者数の増加は前月比+8.5万人(前月+13.6万人)と減速見込みであり、予想通りであれば景気循環系商品価格の下落要因に。

米中交渉がやはり難航するとの見方。
米中両国の通商交渉に関する考え方に差異が出ていると報じられたことは、景気循環系商品価格の下落要因に(ただし容易には長期的な合意に至らないというのはメインシナリオであり状況に変化があったわけではない)。


昨日発表のニュース一覧(総合・エネルギー)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/米原油石油製品在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について