CONTENTSコンテンツ

米中・欧州不安後退とドル安進行で堅調
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(メタル)

2019年10月29日 第1630号

◆昨日のベースメタル市場総括


「米中・欧州不安後退とドル安進行で堅調」

米中の通商協議一部合意が近いとの見方。
トランプ大統領がAPECでの合意に向けて、中国との交渉が予定よりも早く進んでいると発言したことは景気への楽観を強め、景気循環銘柄価格の宇上昇要因に。

EU議会英国のEU離脱期限の延長で合意。
EU議会は英国のEU離脱期限を10月末から2020年1月末まで延長することで合意した、と伝えられたことは「即時のハードブレグジット発生リスク」を後退させ、目先の景気循環銘柄価格の上昇要因に。

英国のEU離脱をめぐる混乱一時回避を受けたドル安進行。
英国の即時のEU離脱に伴う混乱観測が後退、ポンド・ユーロ高、ドル安が進行したことはドル建て資産価格の上昇要因に。

◆今日のベースメタル市場見通し


「米統計改善とドル安進行を受けて堅調」

米消費者信頼感指数は改善の見込み。
米個人消費の指標であるコンファレンスボード消費者信頼感指数は、128.0(前月125.1)と改善見込みであり、景気循環銘柄価格の上昇要因に。

米中古住宅販売仮契約件数は良好な内容に。
米住宅市場の先行指標である中古住宅販売仮契約件数は、前月比+0.8%(前月+1.6%)、前年比+3.6%(+1.1%)と良好な内容を維持する見込みであり顕在需要の増加観測を強め非鉄金属価格の上昇要因に。

英国のEU離脱期限延長を受けたユーロ高・ドル安進行。
英国のEU離脱期限が10月末から2020年1月末に延期されたことを受けて、「即時の市場混乱」リスクが後退したことはユーロ高・ドル安を進行させ、ドル建て資産価格の上昇要因に。


昨日発表のニュース一覧(総合・メタル)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/LME在庫/上海在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について