CONTENTSコンテンツ

IMF見通し下方修正と独統計減速で下落
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(エネルギー)

2019年10月16日 第1622号

◆昨日のエネルギー市場総括


「IMF見通し下方修正と独統計減速で下落」

IMF経済見通しは下方修正。
IMFは2019年の世界経済見通しを3.0%(前回調査時比▲0.2%)、2020年を3.4%(▲0.1%)と下方修正、リーマンショック以来の低い水準を想定していることは需要減速観測を強め、景気循環銘柄価格の下落要因に。

独ZEW景況感指数は悪化。
独日銀短観に相当するIFO景況感指数の先行指標である独ZEW景況感指数は、現状指数が▲25.3(市場予想▲23.6、前月▲19.9)、期待指数が▲22.8(▲26.4、▲22.5)と悪化、景気循環系商品価格の下落要因に。

英国のEU離脱交渉進捗期待を受けたユーロ高・ドル安。
英国とEUの離脱交渉が順調に進捗しているとの報道を受けてポンドが全面高となり、ユーロ高・ドル安となったことはドル建て資産価格の上昇要因となった。

◆今日のエネルギー市場見通し


「景気への懸念と供給過剰で軟調もドル安が支え」

IMFの景気見通し下方修正。
IMFは2019年の世界経済見通しを3.0%(前回調査時比▲0.2%)、2020年を3.4%(▲0.1%)と下方修正、リーマンショック以来の低い水準を想定していることは需要減速観測を強め、景気循環銘柄価格の下落要因に。

英国のEU離脱交渉進捗期待を受けたユーロ高・ドル安。
英国とEUの離脱交渉が順調に進捗しているとの報道を受けてポンドが全面高となり、ユーロ高・ドル安となったことはドル建て資産価格の上昇要因に(ただし実際に妥決するかどうかは不透明であり、楽観は禁物)。

サウジの求心力低下に伴う減産継続への懸念。
昨日は減産観測が強まったが、エクアドルが協調減産に歩調を合わせられずOPEC脱退を表明した直後、ロシアが減産継続に否定的な発言をするなど、サウジアラビアの求心力が低下していることは供給増加観測を強め、原油価格の下落要因に。


昨日発表のニュース一覧(総合・エネルギー)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/米原油石油製品在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について