CONTENTSコンテンツ

米中協議難航懸念と中国統計減速で下落
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(エネルギー)

2019年10月15日 第1621号

◆昨日のエネルギー市場総括


「米中協議難航懸念と中国統計減速で下落」

米中協議はやはり難航との見方。
今回の閣僚級協議で中国が米国産農産品輸入、米国は15日からの関税引き上げを見送りで合意したと伝えられていたが、中国側が月内にも再交渉を望むと報じられたことで妥決への懸念が強まり景気循環銘柄価格の下落要因となった。

中国貿易統計は輸出入ともに減速。
中国の貿易統計が発表されたが、輸出が前年比▲3.2%(市場予想▲2.8%、前月▲1.0%)、輸入が▲8.5%(▲6.0%、▲5.6%)と減速、交易量の減少観測が強まったことは、景気循環銘柄価格の下落要因となった。

トルコ・シリア対立に伴う景気への懸念。
トルコがシリアのクルド人居住区に侵攻、これに対してこの地域のクルド人と対立していないアサド政権軍が迎撃に向かうなど、両国の緊張が高まっていることは景気への懸念を高め景気循環銘柄価格の下落要因に(産油国ではないため供給面の影響は限定)。

◆今日のエネルギー市場見通し


「IMF見通し下方修正と米中交渉懸念から軟調」

IMF経済見通しは下方修正の見込み。
IMFは7月時点の見通しでは世界経済見通しが3.2%(前回調査時比▲0.1%)、2020年が3.5%(▲0.1%)と下方修正されているが、さらにこれが下方修正される可能性が高く、景気循環銘柄価格の下落要因に。

米中協議はやはり難航との見方。
今回の閣僚級協議で中国が米国産農産品輸入、米国は15日からの関税引き上げを見送りで合意したと伝えられていたが、中国側が月内にも再交渉を望むと報じられたことで妥決への懸念が強まり景気循環銘柄価格の下落要因に。

サウジの求心力低下に伴う減産継続への懸念。
昨日は減産観測が強まったが、エクアドルが協調減産に歩調を合わせられずOPEC脱退を表明した直後、ロシアが減産継続に否定的な発言をするなど、サウジアラビアの求心力が低下していることは供給増加観測を強め、原油価格の下落要因に。


昨日発表のニュース一覧(総合・エネルギー)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/米原油石油製品在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について