CONTENTSコンテンツ

米景気への楽観と米中協議の悲観から上昇後下落
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(エネルギー)

2019年10月8日 第1618号

◆昨日のエネルギー市場総括


「米景気への楽観と米中協議の悲観から上昇後下落」

米国の雇用環境は明確な減速なく。
米雇用統計は雇用者数の増加は前月比+13.6万人(市場予想+14.5万人)と市場予想を下回る弱い内容だったが、同時に前月の雇用者数が+16.8万人と、速報から+3.8万人も上方修正され、さほど悪い内容でなかったことは景気循環銘柄価格の上昇要因に。

米中協議は進捗しないのではとの見方。
今週後半から米中閣僚級協議が始まるが、米国が広範にわたるものでなければ合意しないとする一方、中国側は交渉の範囲を限定したいと主張しており、このままだと合意には至らないとの見方が強まったことはリスク資産価格の下落要因に。

米長期金利上昇を受けたドル高進行。
欧米景況感格差の影響もあるが、米国では社債や国債の入札が多数予定されており、需給面で金利が上昇しやすくそれを受けたドル高進行はドル建て資産価格の下落要因となった。

◆今日のエネルギー市場見通し


「強弱材料混在の中もみ合い」

米中協議は進捗しないのではとの見方。
今週後半から米中閣僚級協議が始まるが、米国が広範にわたるものでなければ合意しないとする一方、中国側は交渉の範囲を限定したいと主張しており、このままだと合意には至らないとの見方が強まったことはリスク資産価格の下落要因に。

米長期金利上昇を受けたドル高進行。
欧米景況感格差の影響もあるが、米国では社債や国債の入札が多数予定されており、需給面で金利が上昇しやすくそれを受けたドル高進行はドル建て資産価格の下落要因に。

OPECプラスの結束の揺らぎ。
エクアドルが協調減産に歩調を合わせられずOPEC脱退を表明した直後、ロシアが減産継続に否定的な発言をするなど、サウジアラビアが主導する減産政策の足並みがそろわなくなっていることは供給増加観測を強め、原油価格の下落要因に。


昨日発表のニュース一覧(総合・エネルギー)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/米原油石油製品在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について