CONTENTSコンテンツ

中国に対する新たな制裁観測で総じて軟調
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(メタル・週末版)

2019年9月30日 第1612号 週末版

◆昨日のベースメタル市場総括


「中国に対する新たな制裁観測で総じて軟調」

米国の中国に対する制裁強化報道。
米中貿易交渉が進捗するとの期待があったが、今般、中国企業の米国市場への上場を禁止し、年金資金の中国企業の組み入れ比率にも制限を加える方針、との報道が流れ、米中の対立が金融面まで及ぶとみられたことは、リスク資産価格の下落要因となった。

米コア資本財受注は市場予想を上回る減速。
米製造業の設備投資の先行指標であるコア資本財受注は前月比▲0.2%(市場予想±0.0%、前月+0.2%)と市場予想を上回る減速となり、工業金属価格の下落要因に。

国慶節前の中国勢の買い。
10月1日から始まる国慶節を控え、市場参加者が在庫を積み増す動きを強めたとみられることは、非鉄金蔵価格の上昇要因となった。

◆今日のベースメタル市場見通し


「中国制裁強化観測と中国製造業PMI低迷で軟調」

米国の中国に対する制裁強化報道。
米政府は中国企業の米国市場への上場を禁止し、年金資金の中国企業の組み入れ比率にも制限を加える方針、と報じられており、米中の対立が金融面まで及ぶとみられたことは、リスク資産価格の下落要因に。

中国製造業PMIは減速見込み。
工業金属の最大消費国である中国の製造業PMIは49.6(前月49.5)と前月から改善ながらも閾値の50を下回る見込みであり、非鉄金属価格には下押し要因に。

米シカゴ購買部協会指数は予想外の改善か。
米GDPの先行指標の1つであるシカゴ購買部協会指数は50.0(前月50.4)と悪化見込みだが、ここ数ヵ月、サプライズ指数はプラスを維持しており予想よりも強めの統計が出る可能性が高く、景気循環銘柄価格の上昇要因に。


昨日発表のニュース一覧(総合・メタル)/マクロ材料のポイント(地域経済・為替・株式市場)/主要指標/メタル価格中長期見通し/パフォーマンス/LME在庫/非鉄金属価格・取引所在庫・期間構造/上海在庫/統計発表予定/中国ベースメタル貿易統計/中国関連経済統計/中国鉄鉱石・鉄鋼製品在庫/ビジネスへのヒントなど、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について