CONTENTSコンテンツ

米統計悪化とトランプ発言で軟調
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(エネルギー)

2019年9月25日 第1609号

◆昨日のエネルギー市場総括


「米統計悪化とトランプ発言で軟調」

米消費者信頼感指数は予想外の悪化。
米消費者信頼感指数は125.1(市場予想133.0、前月134.2)と減速、期待指数に関しても95.8(前月106.4)と大幅に減速、米景気の減速懸念が強まったことは景気循環系商品価格の下落要因となった。

トランプ大統領国連演説で中国を批判。
米中交渉が進捗するのではとの淡い期待があったが、国連総会で米トランプ大統領は改めて中国の対応を批判、両国の争いがそう簡単に終わらないと意識されたことは景気循環系商品価格の下落要因に。

欧米統計格差を受けたドル安進行。
昨日は予想外に独IFO指数が改善、米消費者信頼感指数が悪化したことで欧米景況感格差が縮小、ドル安が進行したことはドル建て資産価格の下支え要因となった。

◆今日のエネルギー市場見通し


「米中対立再燃と米在庫増加で軟調」

米中対立継続観測を受けた景気への懸念。
米中交渉は農業分野などで一部合意(といっても中国側も豚コレラの影響などで輸入をしたい事情がある)する可能性はあるものの、トランプ大統領が中国の対応を批判したことで先行きへの懸念が再び意識されていることは、景気循環系商品価格の下落要因に。

米石油統計は在庫増加の見込み。
米石油統計では原油在庫が+0.7MBの増加が見込まれているが、朝方発表されたAPI統計では+1.4MBの在庫増加が確認されており、予想以上に在庫が増加する可能性があることは原油価格の下落要因に。

サウジアラビアの供給に関しては見方が分かれる。
サウジアラビアは今月中に攻撃を受けた設備の修理を完了するとしているが、一部報道では数ヵ月かかるとされ、不足している原油を周辺国から購入する見込み、と報じられてもあり、見方が交錯していることはどちらかといえば価格の上昇要因に。


昨日発表のニュース一覧(総合・エネルギー)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/米原油石油製品在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について