CONTENTSコンテンツ

各国政情不安後退と供給不安で堅調
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(メタル)

2019年9月5日 第1600号

◆昨日のベースメタル市場総括


「各国政情不安後退と供給不安で堅調」

香港デモの鎮静化期待。
香港政府はデモの発端となった逃亡犯条例改革案を正式に取り下げると発表、これを受けてデモが鎮静化するのではとの期待が高まったことは、リスク資産価格の上昇要因となった。

英ハードブレグジット回避への期待。
英議会はEUに対して離脱期限を来年の1月末まで延長する案を可決、10月末時点でのハードブレグジットへの懸念が若干後退したことは、リスク回避姿勢を弱めリスク資産価格の上昇要因に。

インドネシアのニッケル未処理鉱石輸出規制。
2022年からと見られていたインドネシアのニッケル未処理鉱石輸出規制が今年の12月に早まると報じられたことでニッケルや、錫などの同国産金属の輸出減速懸念が強まったことは両金属の価格上昇要因に。

◆今日のベースメタル市場見通し


「利益確定売りで下落も、各国政情不安後退と供給懸念で上昇」

各国政情不安低下を受けたリスクテイクの再開。
香港、イタリア、英国の政情不安が若干後退したことでリスクテイク意欲が回復していることは、リスク資産価格の上昇要因に(ただし香港のデモは継続し、英国の10月末ハードブレグジット懸念も払しょくされていないことから、材料としては長続きしない可能性)。

米ISM製造業指数は若干の改善見込み。
米個人消費や景気循環銘柄価格への説明力が高いISM非製造業指数は54.0(前月53.7)と若干改善の見込みであり、景気循環銘柄価格の上昇要因に(ただし米サプライズ指数はマイナスであり予想外に悪い内容となる可能性は低くない)。

インドネシアのニッケル未処理鉱石輸出規制。
2022年からと見られていたインドネシアのニッケル未処理鉱石輸出規制が今年の12月に早まると報じられたことでニッケルや、錫などの同国産金属の輸出減速懸念が強まったことは両金属の価格上昇要因に。


昨日発表のニュース一覧(総合・メタル)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/LME在庫/上海在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について