CONTENTSコンテンツ

イラン問題の緊張緩和期待とドル高進行で下落
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(エネルギー)

2019年8月27日 第1594号

◆昨日のエネルギー市場総括


「イラン問題の緊張緩和期待とドル高進行で下落」

米・イランの首脳会談実施の可能性。
G7に参加したトランプ大統領は「条件が整えば」イランと面談することを肯定、仏マクロン大統領もイランと米国の仲介に意欲を示すなど、交渉進捗への期待が高まったことは、供給懸念を後退させエネルギー価格の下落要因に。

米トランプ大統領中国との交渉再開を示唆。
米中の相互制裁があったが、トランプ大統領が「中国側から連絡があった」として米中交渉再開を示唆したことは、景気の先行き懸念を後退させ景気循環銘柄価格の上昇要因となった。

欧米統計格差を受けたドル指数の上昇。
昨日発表された独IFO景況感指数は現況指数・期待指数とも市場予想を下回り、一方米国の耐久財受注やダラス連銀製造業活動指数などが改善、欧米景況感格差の拡大観測が強まりドル高が進行したことは、ドル建て資産価格の下落要因に。

◆今日のエネルギー市場見通し


「強弱材料混在でもみ合い」

▼米中通商交渉の進捗期待。
米中の相互制裁があったが、トランプ大統領が「中国側から連絡があった」として米中交渉再開を示唆
したことは、景気の先行き懸念を後退させ景気循環銘柄価格の上昇要因に(ただし、米議会休会中のトランプ大統領の発言であり、協議を再開しても合意するとは限らないため影響は限定)。

米コンファレンスボード消費者信頼感指数は減速の公算。
同指標の前年比変化は高い確率で景気後退局面を言い当てているため、需要動向を占う上で重要な指標だが、市場予想は総合指数が129.0(前月135.7)と減速見込みであり、景気循環系商品価格の下落要因に。

中東不安の緩和期待。
トランプ大統領は「条件が整えば」イランと面談することを肯定、仏マクロン大統領もイランと米国の仲介に意欲を示すなど、交渉進捗への期待が高まったことは、供給懸念を後退させエネルギー価格の下落要因に。


昨日発表のニュース一覧(総合・エネルギー)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/米原油石油製品在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について