CONTENTSコンテンツ

米中対立激化懸念から大幅続落」
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(エネルギー)

2019年8月7日 第1587号

◆昨日のエネルギー市場総括


「米中対立激化懸念から大幅続落」」

米国の中国為替操作国認定を受けた対立激化懸念。
米国が中国を為替操作国に認定、両国の対立が激化していることは世界景気の減速を加速させる、との見方を強め景気循環系商品価格の下落要因に。

地政学的リスクや企業決算を受けた株価の下落圧力。
企業決算がピークを迎えており、先行き見通しについてネガティブな見通しも目立ち始めており、地政学的リスクの高まりなどを受けて株価に調整圧力がかかりやすい地合いにあることは、リスク資産価格の下落要因に。

売られすぎからの買戻し。
米中対立や米統計減速を受けて昨日はリスク資産が大きく売り込まれたが、その反動で割安感から安値拾いの買いが入り安く、リスク資産価格の上昇要因に。

◆今日のエネルギー市場見通し


「景気への懸念から軟調も金融面が支え」

米10年国債入札を受けた長期金利の低下観測。
世界景気の減速とリスク回避の動きから米10年債の入札は好調が予想され、長期金利の低下が実質金利の低下を促すこと、それに伴うドル安進行がドル建てインフレ系資産価格の上昇要因に。

米石油統計は原油在庫は減少継続の見込み。
米石油統計は原油在庫が▲2.5MBと減少見込みであるが、朝方発表のAPI統計では▲3.4MBの減少が確認されており、市場予想を上回る在庫減少となる可能性があることは原油価格の上昇要因に。

地政学的リスクや企業決算を受けた株価の下落圧力。
企業決算がピークを迎えており、先行き見通しについてネガティブな見通しも目立ち始めており、地政学的リスクの高まりなどを受けて株価に調整圧力がかかりやすい地合いにあることは、リスク資産価格の下落要因に。


昨日発表のニュース一覧(総合・エネルギー)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/米原油石油製品在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について