CONTENTSコンテンツ

米国は休暇シーズンに突入 ~高まるポジション調整圧力
  • MRA外国為替レポート

2018年11月19日号

◆先週の市場総括


先週のドル円相場は113円80銭で始まり週前半は114円台を試した。米中通商摩擦に対する懸念の後退やイギリスのEU離脱交渉進展を受けてリスク回避が後退。円はやや軟調となった。ただ楽観的なムードにはなりきれず。

米国株は不振が続いた。アップルの業績懸念や一部投資銀行の不正問題、原油価格の大幅下落が重石。また米議会民主党からNAFTA新協定の議会通過に否定的な見解が示されると通商懸念が再び台頭。株価軟調とともに米長期金利も低下。ドル円相場は週央には113円台前半に押し戻された。

イギリスのEU離脱問題にはイギリス国内での政局不安定化懸念から再び暗雲。金曜日にはFRB副議長がハト派ととれる発言をしたことで米金利先高感が後退。米長期金利が低下するなか、ドルは対ユーロ、対円ともに下落。週末のドル円相場は112円80銭台で引け。113円割れで引けたのは11月1日以来。

そうしたなか、米中通商交渉には前向きな動きが報じられ週末の米国株は上昇して引けた。

月曜日の東京市場のドル円相場は113円80銭で始まりじり高。114円ちょうど近辺でもみ合い。日経平均は22,100円割れで始まるもすぐに反発。週末引け値近辺でもみ合い22,200円台後半で引けた。

海外市場に入るとイタリアと欧州委員会の対立激化の可能性などから欧州通貨が下落。反面でドルが堅調。ユーロドル相場は1.130から1.12台半ばへ。さらに1.1220まで下落した。

ドル円相場は114円20銭近辺まで上昇したが、海外市場では下落基調。114円を割り込んだ。

この日は米国株が大幅安。アップルの業績懸念を材料にハイテク関連株が下げを主導。また大手投資銀行のマレーシア政府系ファンド不正問題から金融株も下落。原油安を嫌気してエネルギー株も下落。債券市場が祝日で休場となり薄商いのなか大幅な下げとなった。

株安のなかドルはしっかり。ドル円相場の下値は固く113円70銭で下げ止まり引けは113円80銭近辺。株価が大幅安となったのに比べ、為替市場は欧州通貨の下落が目立ったものの総じて小動き。

この日トランプ大統領は、原油価格はもっと下落するべき、サウジアラビアとOPECは減産すべきではない、と述べ、原油価格の下落を促した。WTIは60ドル割れ。

火曜日の東京市場のドル円相場は113円80銭で始まり60銭近辺に下落。朝から前日の米国株安を受けてリスク選好が後退し円高気味に推移。ただその後昼頃に114円ちょうど近辺に上昇した。

ユーロドル相場は1.1250へ上昇、ユーロ円相場は127円50銭から128円20銭に上昇した。

中国副首相と米財務長官が対話再開との報道で米中貿易懸念が緩和するかたちでリスク選好が回復するなか円安となった。

日経平均は米株安を受けて21,600円割れで始まり一時21,500円割れ。ただ昼を挟んで上記報道に後場は上昇し21,800円まで戻して引けた。海外市場のドル円相場は113円80銭~114円ちょうどを上下。ユーロドル相場も1.12台後半で方向感なし。

欧州時間にはイギリスとEUが離脱協定の草案で合意したと報じられたことは、米中懸念の後退と並んで市場心理にプラス。

一方、原油価格はこの日も大幅続落。12営業日連続での下落となり、WTIは55.7ドル/バーレルに。米国株はまちまち。米10年債利回りは3.15%近辺で上下。

水曜日の東京市場のドル円相場は113円80銭近辺で始まりその後は113円90銭近辺でもみ合い。前日の流れからユーロは堅調。ユーロドル相場は1.1290から1.1320へ、ユーロ円相場は128円50銭から129円へ上昇。ただその後は反落した。

日経平均は21,800円台で寄り付き堅調。後場は21,800円台前半で上下動となり引けは21,850円。

この日発表された日本の7-9月期GDPは前期比年率▲1.2%となったが災害の影響があり数字としては参考にならず市場の反応なし。

この日発表された中国10月の小売売上高は年初来累計・前年同月比+9.2%と前月+9.2%から減速。一方で工業生産は前月の伸びと同様+6.4%で+6.3%への減速を見込んだ予想よりやや強く、都市部固定資
産投資は+5.7%と前月+5.4%から持ち直した。

海外市場に入るとドル円相場は大きく下落して一時113円30銭。欧州通貨は乱高下となりユーロ円相場は128円30銭~129円20銭で値動きの荒い展開。イギリスではEU離脱協定の素案が閣議了承された。

この後は議会承認となるが、離脱強硬派はメイ首相の不信任決議を要求する構え。

米国では議会民主党の次期貿易小委員会委員長と想定される議員が、NAFTA新協定は交渉をやり直さない限り議会通過は難しい、と発言。週初のアップル、金融株の下落の余韻もまだ残り、米国株は下落した。

ドル円相場もこれにつれてドル安円高に振れ、その後持ち直して引けは113円60銭近辺。米10年債利回りは低下して一時3.10%を割ったが3.12%で引け。この日の原油相場は下げ止まり。OPECが減産を検討との見方が広がった。

木曜日の東京市場のドル円相場は113円60銭で始まり、株価が軟調なのに連れて113円40銭台に円高が進んだ。しかし株価持ち直しとともに反発し、夕方は113円60銭近辺に戻した。

日経平均は前日の米国株下落を嫌気して21,600円近辺に大きく下げて始まったが持ち直し、その後は21,700円~21,800円を上下して引けは21,800円。

海外市場に入るとドル円相場は113円台前半に押されて上下。イギリスEU離脱を巡り閣僚の辞任が相次いだこと、離脱強硬派が首相の不信任投票を求める動きで離脱交渉に暗雲が漂ったとして、欧州通貨が下落。ユーロ円相場は128円台後半から127円台後半に下落。

ただその後、米国が対中追加関税適用を留保する見通しとの報道に米中通商懸念が後退。米国株が上昇。リスク選好が回復するとドル円相場、ユーロ円相場ともにしっかり。

ドル円相場は113円70銭に上昇し50銭~60銭で引け。ユーロ円相場も129円に上昇した後、128円60銭~70銭で引けた。

この日発表された米小売売上高(10月)は前月比+0.8%と予想よりしっかり。NY連銀製造業景気指数(11月)は23.3と予想20.0を上回った一方、フィラデルフィア連銀景況指数(11月)は12.9と予想20.0を下回った。米10年債利回りはほぼ前日と変わらず3.11%。

金曜日の東京市場のドル円相場は113円50銭~60銭で始まり、その後はじりじりとレンジを切り下げてもみ合い。

リスク選好の後退、日経平均が軟調に推移するとともにやや円高の動きとなった。イギリスEU離脱交渉を巡る懸念や米国時間引け後に発表された米国半導体大手の決算が不芳だったことから日経平均は軟調。

21,700円割れで引け。ドル円相場は夕刻から海外市場にかけて113円30銭近辺でもみ合いとなった。米国時間に入るとドルが対ユーロ、対円、ともに下落。FRBクラリダ副議長がハト派ととれる発言をしたことがきっかけ。

副議長は、政策金利を中立水準に近づけることは間違いなく理にかなう、としつつ、米金融当局は政策決定に際して世界の経済成長を考慮に入れなければならないだろう、とした。

これを受けてドル金利先高感が後退。米10年債利回りは3.07%に低下。ドルを押し下げた。

ドル円相場は一時112円70銭割れに下落。その後は112円70銭~80銭を中心に上下してNY引けは112円80銭台。ユーロドル相場は1.1330から1.14台にユーロ高ドル安。ユーロ円相場は128円台前半から128円80銭~90銭に上昇して引け。

米国株は堅調。トランプ大統領は中国から対応リストを受け取ったことを明らかにし、中国は貿易に関する合意を望んでいる、追加関税を課す必要がなくなる可能性がある、と発言。

株式市場は好感した。発表された米国の鉱工業生産(10月)は前月比+0.3%と5ヶ月連続でプラスとなった。

◆今週の3つの注目ポイント


木曜日は感謝祭の祝日で米国株式・債券市場は休場。金曜日は短縮取引。日本も金曜日は祝日で休場。

1.米国の経済指標

先週はFRB当局者の慎重な発言が続いたことでドル金利先高感が後退。米長期金利は低下しドル高を抑制した。今週の経済指標が足元の景気堅調さを示し、ドル金利先高感を支えるか。

火曜日に住宅着工件数(10月)、水曜日に耐久財受注(10月)、景気先行指数(同)、中古住宅販売(同)、金曜日にPMI景況感指数(11月)が発表される。

先般のFOMCでは設備投資の判断をやや下方修正したことから耐久財受注ほか企業部門の指数は注目される。またNY連銀総裁が月曜日に講演する。景況判断や今後の政策について何等かの示唆があるか。慎重さを増していないか。

2.米中通商摩擦を巡る動き

先週末にトランプ大統領は中国から貿易交渉に関して中国からの対応リストを受け取ったと述べた。

中国が何らかの合意を求めていることは間違いないが、ただそのリスクについてトランプ大統領は受け入れられないとも述べている。

週末のAPEC首脳会議に先立つ演説では、中国の習近平主席と米国のペンス副大統領が双方を非難する発言をするなどなお先が読めない。月末の米中首脳会談に向けて下地が整うのか。なお市場に不安感をもたらす動き、発言が続くか。

3.イギリスのEU離脱問題の行方

イギリスの離脱問題は、メイ首相率いる穏健離脱派とEUとの間では条件の合意に至ったものの、イギリス国内は混乱している。

強硬派の閣僚は辞任。また不信任案を提出するとの動きもあり、合意案が国内で承認可決されるかどうか、不透明感が増している。引き続き市場全体のリスク選好を抑制する要因となるか。何らかのポジティブな動きがあるか。

◆今週のMRA's Eye


米国は休暇シーズンに突入~高まるポジション調整圧力

今週木曜日、米国は感謝祭の祝日。株式・債券市場は休場となり、翌日金曜日も半日の短縮取引。そしてここからクリスマスまで休暇シーズンとなる。

金融機関とくに投資銀行業務に携わる者には休暇を取得者が増え、結果として市場の流動性・取引高が減少していくのが通例だ。結果として値動きが荒くなるか、あるいは閑散小動きとなるか。

また新規の取引を組むよりも、1年の総決算として、利益確定やポジションの手仕舞いなどが生じやすい。11月末に多くのヘッジファンドが決算期末を迎えることは、感謝祭前に利益確定の動き・手仕舞いが活発になりやすい要因だ。

こうした状況では相場の材料に対して素直な反応とならず、そのときのポジションがどちらに傾いているかで、短期的な相場動向が左右される。材料とポジション手仕舞いの方向が一致した場合には、一時的にせよ大きな動きとなる可能性があることには留意が必要だ

まずは目先、今週末は「ロングウィークエンド」となることから、手仕舞いの第一弾が生じやすい。総じてポジションの逆方向の動きとなる可能性が高まる。為替市場における投機筋のポジションを全て把握することはできないが、シカゴ通貨先物でその傾向を推測することができる。

最新のデータは先週火曜日時点だが、それによれば円は売り越しが再び10万枚に増加しており、過去の推移からみれば相応に高水準にある。手仕舞いによる円買戻しが生じやすい状況だ。

ユーロは売り越し、ポンドも売り越し。イタリア財政を巡る混乱やイギリスのEU離脱を巡る不透明感からはこれらの通貨は売られやすいはずだが、買戻しによる短期的な反発も入りやすい。

先週末にかけて円高、あるいはユーロ高が見受けられたが、これはこうしたポジションの手仕舞いによる円買い、ユーロ買いの動きと推測される。材料にかかわらず、今週も投機筋の手仕舞いの動きには留意したい。

ドルに関しては主要通貨に対するポジション合計が大きく買い越しとなっている。昨年のこの時期は売り越しとなっており、その点が大きな違いだ。投機ポジションだけからみれば、年内は手仕舞いによるドル売り・ドル安が生じる可能性があるということになる。

ただし、その他の要因もありドル安が進む可能性は小さくなる。投資家もリスクポジションを抑制する方向に動くとすれば、リスク資産投資を抑制し手元キャッシュを積み増す動きとなる。

こうした動きはドル買いとなる。また米国企業による12月決算期末を前にした本国への資金還流によるドル買いという季節要因もある。トランプ政権の政策がそうした動きを促している。

結果としてドルは下落しにくいとみられるが、例年、年末にかけてドル高といわれるものの、投機筋のポジションを割り引くとさほどドル高とならないのではないか。ドル円相場が年内に114円を超えて大幅にドル高円安となるのは難しいようにみえる。

またシカゴ先物のポジションにおいて、米国債については長期金利の上昇=債券価格の下落を期待して売りポジションが過去にないほど積み上がっていた。しかし、10月後半から、さらに11月に入って、ポジションが急速に減少している。

これは債券を買い戻す動きとなるが、これが債券価格を上昇させる=長期金利を低下させる方向に働くことになる。先週は米10年債利回りが低下したがこれもそうした動きが背景にあったとみられる。

手仕舞いが進めば長期金利への投機的な低下圧力は減少するため、ここからの長期金利低下は見込みにくいものの、あらためて長期金利上昇にかけるポジションを新規につくる時期ではない。

結果、年内の米長期金利上昇はさほど見込めないのではないか。長期金利が再び上昇するには、米中通商摩擦問題が大きく前進し、足元の景気懸念が完全に解消されることが必要だろう。

慎重な見方にやや傾いているFRB当局者の発言に自信や明るいトーンが戻ること、そして12月の利上げが着実に実施されること、も条件だ。それがドル堅調にもつながる。まず、今月末の米中首脳会談に向けた動き、その後の展開が注目される。

先週気になったのはFRBのパウエル議長、クラリダ副議長がともに、足元の米国経済が堅調であり中立水準に向けた漸進的利上げ継続を確認しつつ、今後あるいは来年の米国経済に対する「チャレンジ」に触れたこと。

議長は、外需減退、財政刺激の減退、利上げの影響がタイムラグをもって効き始めること、などに言及した。地区連銀総裁のなかには12月の利上げの条件が整っていないとする意見もごく一部ではあるがみられる。

来年の利上げペースダウンに向けて、FRBの選択肢、政策自由度を確保しようという発言ともとれる。もとより市場は現在示されている利上げ回数をやや割り引いて考えているが、こうした発言が続くようだとドル金利先高感、ドル先高感はなかなか盛り上がらないだろう。

メインシナリオとしては、年内のドル円相場は113円台を中心とした値動きで、上値も重いが下値も固いという展開を想定する。ただリスクシナリオとしては、ドル先高感が盛り上がらないなか、ポジション調整の動きが強まれば、また米中交渉が暗礁に乗り上げるなどの事態となれば、想定外のドル安円高となる可能性。

例年は年末にかけてドル高となりやすい、という一般的な見方とは逆となるため、想定外のショックとなりかねず、要注意だろう。

◆主要指標


【対円レート】
ドル :112.83(▲0.81)
ユーロ :128.82(+0.08)
英ポンド :144.794(▲0.39)
豪ドル :82.731(+0.04)
カナダドル :85.812(▲0.43)
スイスフラン :112.836(▲0.06)
ブラジルレアル :30.1693(+0.15)
中国人民元 :16.259(▲0.06)
韓国ウォン(日本円=100) :10.061(▲0.02)

【対ドルレート】
ユーロ :1.1415(+0.009)
英ポンド :1.2834(+0.006)
豪ドル :0.7332(+0.006)
カナダドル :1.3148(▲0.003)
スイスフラン :0.9999(▲0.007)
ブラジルレアル :3.7393(▲0.047)
中国人民元 :6.938(▲0.001)
韓国ウォン :1128.6(▲0.55)

【主要国政策金利】
米国 :2.25
ユーロ :0.00
日本 :0.00

【主要国長期金利】
米10年債 :3.06(▲0.05)
米2年債 :2.80(▲0.05)
日本10年債利回り :0.10(▲0.01)
日本2年債利回り :0.10(+0.01)
独10年債利回り :0.37(+0.01)
独2年債利回り :▲0.59(+0.01)

【主要株価指数・ビットコイン】
NY ダウ :25,413.22(+123.95)
NASDAQ  :7,247.87(▲11.16)
S&P500 :2,736.27(+6.07)
日経平均株価 :21,680.34(▲123.28)
ドイツ DAX :11,341.00(▲12.67)
インド センセックス :35,457.16(+196.62)
中国上海総合 :2,679.11(+10.94)
ブラジル ボベスパ :88,515.27(+2,542.21)
英国FT250 :18,589.09(▲73.12)
ビットコイン :5451.72(▲17.93)

【主要商品価格】
WTI :56.46(±0.0)
Brent :67.09(+0.47)
米ガソリン :157.70(+2.04)
米灯油 :207.37(▲0.04)

金 :1223.36(+10.00)
銀 :14.42(+0.13)
プラチナ :846.19(+3.99)
パラジウム :1177.05(+19.07)
銅 :6167.00(▲8:14B)
アルミニウム :1931.50(▲9:17.5C)
※貴金属はニューヨーククローズ。ベースメタルは3ヵ月公式セト
ル価格。
※C=Cash-3M コンタンゴ、B=Cash-3M バック

シカゴ大豆 :892.25(+3.50)
シカゴ とうもろこし :364.75(▲2.75)
シカゴ小麦 :506.75(+1.25)

※全ての価格は注記が無い限り、取引所で取引される通貨建。
※限月交代に伴う価格の不連続性は考慮されていません。予めご容赦ください。
※ 「休場」となっているものは、取引所が休場ないしはデータ更新時点で最新データを取得できなかった場合を指します。

【MRA外国為替レポート】について