CONTENTSコンテンツ

世界的な緩和期待で投機買戻し、上昇
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(メタル)

2019年7月5日 第1566号

◆昨日のベースメタル市場総括


「世界的な緩和期待で投機買戻し、上昇」

世界的な金融緩和期待。
世界的な景気減速感の強まりから、欧米で緩和期待が高まっていることは、景気循環系インフレ資産価格の上昇要因に。

世界的な景気減速懸念。
米ISM製造業指数や、非製造業指数、ADP雇用統計など景気の減速を示す指標が増え始めており、需要面の減速感が強まっていることは景気循環銘柄価格の下落要因に。

LME指定倉庫在庫の減少は継続。
景気減速懸念が強まっているが、LME指定倉庫在庫の減少傾向は持続しており、非鉄金属価格の下支え要因に。

◆今日のベースメタル市場見通し


「統計改善と緩和期待を受けた買戻しで上昇」

米雇用統計は改善見込み。
市場予想は前月比+16万人(前月+7.5万人)と改善が予想されており、景気循環系商品価格の上昇要因に(ただ、先行指標であるADP雇用統計は前月比+10.2万人(市場予想+14.0万人、前月+4.2万人)と低迷、予想外に景気循環系商品価格の下落要因となる可能性も)。

世界的な金融緩和期待。
世界的な景気減速感の強まりから、欧米で緩和期待が高まっていることは、景気循環系インフレ資産価格の上昇要因に。

緩和期待を背景とする投機の売りポジションの解消観測。
通常、実需の売りに対して投機が買い向かう形で非鉄金属の先物市場は成立しているが、投機は現在売りポジションとなっており、緩和期待が高まる中で買戻しが入る可能性があり、価格の上昇要因に。


昨日発表のニュース一覧(総合・メタル)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/LME在庫/上海在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について