CONTENTSコンテンツ

週末の雇用統計改善と米中の金融政策期待で上昇
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(エネルギー)

2019年1月8日 第1460号

◆昨日のエネルギー市場総括


「週末の雇用統計改善と米中の金融政策期待で上昇」

米景気先行きへの過剰な懸念後退。
先週末に発表された米雇用統計は市場予想を上回り、米国の雇用環境が良好で個人消費への悲観的な見方が後退したことから、需要の減少見通しが行き過ぎとの見方が広がったことは景気循環銘柄価格の上昇要因に。

中国人民銀行の金融緩和。
構造的な景気減速に米国の制裁が加わり、景気への懸念が強まっている中国は、人民銀行が▲1.0%の預金準備率引き下げを決定、景気刺激を強化していることは景気循環銘柄価格の上昇要因に。

米金融政策柔軟化期待を受けたドル安の進行。
先週のFRBパウエル議長が利上げを一時停止する可能性について言及したことや、昨日発表されたISM非製造業指数が市場予想を下回る減速となったことでドル安が進行したことはドル建て資産価格の上昇要因となった。

◆今日のエネルギー市場見通し


「景気の先行き懸念は根強いが景気刺激策期待が価格を押し上げ」

世界銀行経済見通しは下方修正か。
市場参加者の注目が景気自体に移る中、IMF・OECDと並び市場参加者の景気判断材料となる世界銀行の見通しは下方修正の可能性。昨年6月の前回報告書では2019年の世界成長率予想は3%、20年は2.9%予想となっていた(下方修正・上方修正幅に注目)。

米中貿易交渉での制裁一部緩和期待。
先週末に発表された米雇用統計は市場予想を上回り、米国の雇用環境が良好で個人消費への悲観的な見方が後退したことから、需要の減少見通しが行き過ぎとの見方が広がったことは景気循環銘柄価格の上昇要因に。

米国の利上げペースの鈍化期待。
FRBパウエル議長は足元の景気減速を受けて金融政策姿勢の柔軟化方針を発表、先週の雇用統計を見るに利上げは継続するもののその回数が3回にはならないとの見方が強まっていることはドル安を通じてドル建て資産価格の上昇要因に。


昨日発表のニュース一覧(総合・エネルギー)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/米原油石油製品在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について