CONTENTSコンテンツ

ドル安進行、株安、欧州統計改善で高安まちまち
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(メタル)

2019年3月26日 第1506号

◆昨日のベースメタル市場総括


「ドル安進行、株安、欧州統計改善で高安まちまち」

米長期金利低下を受けたドル安の進行。
独IFO景況感指数が予想外の改善となったこと、景況感の悪化から米長期金利が低下し、欧米金利差が縮小したことはドル安要因となり、ドル建て資産価格の上昇要因に。

株価急落によるリスク回避の動き。
欧米経済統計悪化を材料とした米国株安が世界に波及、世界的に株安となったことは市場参加者のリスク回避姿勢を強め、リスク資産価格の下落要因となった。

独IFO景況感指数は予想外の改善。
ドイツの日銀短観であるIFO景況感指数は、期待指数が95.6(市場予想94.0、前月93.8)、現況指数が103.8(102.9、103.4)と予想外の改善となり、景況感が改善していることは景気循環銘柄価格の上昇要因となった。

◆今日のベースメタル市場見通し


「ドル安進行、米統計減速を受けてもみ合い」

米景気先行き懸念を背景とする米長期金利低下を受けたドル安。
米景気の先行き懸念とFRBのバランスシート縮小終了、トランプ大統領がFRBの理事に緩和推進派のムーア氏が就任する可能性が高まるなど、ドル安が進行しやすくなっていることは、ドル建て資産価格の下支え要因に。

米住宅着工・許可件数は減速の見込み。
米住宅着工は前月比▲1.6%の121万戸(前月+18.6%の123万戸)、許可件数は▲0.9%の130.5万戸(▲0.7%の131.7万戸)と減速見込みであり、建材需要の鈍化観測を通じて非鉄金属を含む工業金属価格の下落要因に。

LME指定倉庫在庫の減少傾向は持続。
LME指定倉庫在庫は1月以降、アウトフローの増加が確認されており、銅、亜鉛、アルミなどの払い出しが継続、水準は低下している。倉庫保管場所の変更取引の可能性もあるが統計上の在庫水準は低下しており非鉄金属価格の上昇要因に。


昨日発表のニュース一覧(総合・メタル)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/LME在庫/上海在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について