CONTENTSコンテンツ

欧米景気減速と株価の調整で下落も供給懸念が下支え
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(エネルギー・週末版)

2019年3月25日 第1505号 週末版

◆昨日のエネルギー市場総括


「欧米景気減速と株価の調整で下落も供給懸念が下支え」

欧米製造業PMIの減速を受けた景気への懸念。
景気循環系商品価格に対する影響が大きい欧州製造業PMIはドイツが44.7(市場予想48.0、前月47.6)、ユーロ圏が47.6(49.5、49.3)、米国が52.5(53.5、53.0)といずれも減速、世界的に景気の減速懸念が強まったことは景気循環系商品価格の下落要因に。

米長短金利逆転を材料とする株価の調整。
FOMCで利上げの打ち止めが決定されたが同時に、バランスシートの縮小も9月末で終了することが決定されたことで短期・長期金利が逆転、昨年末と同様米国景気の先行き懸念が強まったことは、景気循環銘柄価格の下落要因に。

リスク回避のドル高進行。
欧州の経済統計が減速しており、米国も減速しているが欧州ほどではないこと、英国のEU離脱を巡る交渉が難航、ハードブレグジットとなる可能性が排除できなくなってきたことからリスク回避のドル高が進行しやすく、ドル建て資産価格の下落要因に。

◆今日のエネルギー市場見通し


「景気減速懸念とドル高進行で下落も供給懸念が下支え」

リスク回避のドル高進行。
欧州の経済統計が減速しており、米国も減速しているが欧州ほどではないこと、英国のEU離脱を巡る交渉が難航、ハードブレグジットとなる可能性が排除できなくなってきたことからリスク回避のドル高が進行しやすく、ドル建て資産価格の下落要因に。

独IFO景況感指数は減速の見込み。
ドイツの日銀短観であるIFO景況感指数は、期待指数が94.0(前月93.8)、現況指数が102.9(103.4)の見込みだが、欧州のサプライズ指数は大きく悪化しており予想よりも弱い数値となる可能性があることは景気循環系商品価格の下落要因に。

OPECプラスの減産やベネズエラの情勢不安。
OPEC・OPECプラスは4月の会合開催を見送り、6月までの減産方針が確定していることは、原油供給懸念を通じて原油価格の上昇要因に。また米トランプ大統領がイスラエル寄りの政策方針を打ち出していることも供給懸念を強めている。


昨日発表のニュース一覧(総合・エネルギー)/マクロ材料のポイント(地域経済・為替・株式市場)/主要指標/価格見通し/パフォーマンス/BFOE月間船積み量/米リグ数/統計発表予定/CFTC投機筋ポジション/中国エネルギー統計/米天然ガス在庫/米原油石油製品在庫/ビジネスへのヒントなど、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について