CONTENTSコンテンツ

中国政府の経済対策期待で上昇
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(メタル)

2019年3月6日 第1495号

◆昨日のベースメタル市場総括


「中国政府の経済対策期待で上昇」

米経済統計予想外の改善による米景気への楽観。
米GDPの先行指標であるISM非製造業指数は59.7(市場予想57.4、前月56.7)、新築住宅販売は+3.7%(▲8.7%、+9.1%)と予想外の改善となり最大消費国である米国の景気への楽観が広がったことは景気循環銘柄価格の上昇要因に。

李克強首相は大規模な経済対策実施を表明。
中国李克強首相は全人代の冒頭で所信表明を実施。成長見通しを2年振りに引き下げると同時に、大規模な減税などの景気テコ入れ策の実施を発表した。公共投資などの実弾を伴うものであり工業金属需要の増加に繋がるため工業金属価格の上昇要因に。

米経済統計の改善に伴うドル高進行。
予想外に米経済統計が改善したことでドル高が進行したことは、ドル建て資産価格の下落要因となった。

◆今日のベースメタル市場見通し


「中国政府による対策期待で上昇もドル高進行が重石に」

中国政府による大規模経済対策実施期待。
全人代の開幕の李克強首相が所信表明で大規模な経済対策実施を発表、何としても6.0%のGDP成長を維持したいとの意思表明があったことは工業金属需要の増加期待を高め工業金属価格の上昇要因に。

米中貿易交渉最終合意期待。
米ハセット経済諮問委員会委員長が米中が最終合意に近い、との見通しを示したことで全人代後の米中首脳会談前に何らかの合意に至る、との見方が強まってることは景気減速懸念を後退させ景気循環銘柄価格の上昇要因に。

米ADP雇用統計高水準維持を受けたドル高圧力。
米雇用統計の前哨戦であるADP雇用統計は雇用者数の増加が前月比+19万人(前月+21.3万人)と減速も安定した雇用者の増加は継続見込みであり、ドル高材料と判断される可能性が高くドル建て資産価格の下落要因に。


昨日発表のニュース一覧(総合・メタル)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/LME在庫/上海在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について