CONTENTSコンテンツ

G20を控えた調整売りで下落
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(メタル)

2019年6月27日 第1560号

◆昨日のベースメタル市場総括


「G20を控えた調整売りで下落」

米耐久財受注は市場予想を下回る。
米製造業の設備投資の先行指標であるコア資本財受注は前月比+0.4%(市場予想+0.1%、前月▲1.0%)と改善したが、耐久財受注は▲1.3%(▲0.3%、▲2.0%)と悪化、非鉄金属価格の下落要因となった。

G20を控えた投機の利益確定の動き。
この数ヵ月、投機筋の動向が非鉄金属価格に対する影響が高まっているが、投機は非鉄金属を売り越しているため買戻しが入ったが、逆に利益確定の動きもみられると考えられ、昨日は売り要因に。

LME指定倉庫在庫の減少は継続。
景気減速懸念が強まっているが、LME指定倉庫在庫の減少傾向は持続しており、非鉄金属価格の下支え要因に。

◆今日のベースメタル市場見通し


「米統計改善とG20を控えた買戻しで小幅高」

G20での米中協議進捗への期待。
G20では米中首脳会談が行われる見込みであるが、市場は今のところ何らかの合意をすると期待している。恐らく「交渉を継続する」という程度の合意に留まるとみられるが、リスク資産価格の上昇要因に。

米GDPは小幅改善の見込み。
米GDPは過去の指標ではあるが商品価格に対する説明力は高い。市場予想は前年比+3.2%(改定値+3.1%)と改善見込みであり、景気循環系商品価格の押し上げ要因に。

LME指定倉庫在庫の減少は継続。
景気減速懸念が強まっているが、LME指定倉庫在庫の減少傾向は持続しており、非鉄金属価格の下支え要因に。


昨日発表のニュース一覧(総合・メタル)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/LME在庫/上海在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について