CONTENTSコンテンツ

中国対策期待と米利下げ観測で買戻し
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(メタル)

2019年6月12日 第1550号

◆昨日のベースメタル市場総括


「中国対策期待と米利下げ観測で買戻し」

中国政府は経済対策の実施の方針。
構造的な景気減速に加えて米中通商協議が景気の下押し要因となる中、中国政府は地方政府の資金調達を支援し、公共投資実施を促す対策を実施する方針を表明、景気刺激への期待が高まったことは景気循環銘柄価格の上昇要因に。

米国の利下げ期待の高まり。
トランプ大統領は繰り返しFRBに利下げを要求、市場も景気刺激のための利下げを織り込みつつあり、6月のFOMCで方針を固め、7月に利下げを実施するのではとの期待が高まっていることは、インフレ資産価格の上昇要因に。

米中交渉は進展しないとの見方。
G20では米中首脳会談で合意、と伝えられていたが、昨日の中国外務省報道官のコメントではそれを肯定しておらず、米国は「首脳会談が行われなければ追加制裁」と発言しており、首脳会談見送りとなる可能性が高まっていることはリスク資産価格の下落要因に。

◆今日のベースメタル市場見通し


「米中景気刺激策と投機買戻しで上昇も米中対立継続が重石」

米中の景気刺激策への期待。
中国は景気刺激のために公共インフラ投資を促進する政策に舵を切り、米政府はあからさまにFRBに利下げを要求、市場もこれを織り込もうとしていることは景気循環系資産価格の上昇要因に。

米中交渉は進展しないとの見方。
G20では米中首脳会談で合意、と伝えられていたが、昨日の中国外務省報道官のコメントではそれを肯定しておらず、米国は「首脳会談が行われなければ追加制裁」と発言しており、首脳会談見送りとなる可能性が高まっていることはリスク資産価格の下落要因に。

投機筋の買戻しの可能性。
米中貿易戦争を受けた景気の先行き懸念から、投機筋の非鉄金属のポジションは概ねネット売り越しとなっており、米中交渉やLME在庫減少などをきっかけに買戻しが入りやすい地合いにあることは、非鉄金属価格の上昇要因に。


昨日発表のニュース一覧(総合・メタル)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/LME在庫/上海在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について