CONTENTSコンテンツ

米中統計改善を受けて急上昇もドル高が重石に
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(エネルギー)

2019年4月2日 第1508号

◆昨日のエネルギー市場総括


「米中統計改善を受けて急上昇もドル高が重石に」

中国製造業PMIは予想外の改善。
減速が懸念されていた中国製造業PMIは好不況の閾値である50を下回っていたが、年初からの金融緩和やシャドーバンキング規制の緩和の効果から50を回復、景気への懸念が後退したことは景気循環銘柄価格の上昇要因となった。

米ISM製造業指数は予想外の改善。
米GDPの先行指標のISM製造業指数は55.3(市場予想54.5、前月54.2)と市場予想・前月とも上回り景気の先行き懸念が後退したことは景気循環銘柄価格の上昇要因となった。

米統計改善と英議会投票動向を受けたドル高進行。
米国のISM製造業指数が改善したことで株が上昇、長期金利が急上昇し欧米金利差が拡大したこと、英議会下院の拘束力のない投票案全てが否決されたことでドル高が急速に進行、ドル建て資産価格の下落要因となった。。

◆今日のエネルギー市場見通し


「景気への楽観から堅調もリスク回避の動きが重石に」

世界景気への過剰な悲観論後退。
週末の中国製造業PMIや昨日の米ISM製造業指数の改善を受けてこれまでの過剰な景気への懸念が後退(というよりは経済対策や金融緩和方針を受けた景気減速の後倒し)したことは、景気循環銘柄価格の上昇要因に。

英国のEU離脱は無秩序なものになる可能性。
減速が懸念されていた中国製造業PMIは好不況の閾値である50を下回っていたが、年初からの金融緩和やシャドーバンキング規制の緩和の効果から50を回復、景気への懸念が後退したことは景気循環銘柄価格の上昇要因となった。

景況感改善の中でのOPECプラスの減産順守。
OPEC・OPECプラスは6月末までの減産で合意しているが、それ以降の減産継続は不透明(ロシアは9月までしか合意していない様子)。しかし、足元の景況感が改善しているため減産継続は価格の押し上げ要因に。


昨日発表のニュース一覧(総合・エネルギー)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/米原油石油製品在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について