CONTENTSコンテンツ

欧州統計減速とドル高進行で下落も供給懸念が支え
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(エネルギー)

2019年4月5日 第1511号

◆昨日のエネルギー市場総括


「欧州統計減速とドル高進行で下落も供給懸念が支え」

欧州統計減速を受けたドル指数の上昇。
独製造業受注が市場予想を上回る減速となったほか、英国のEU離脱が袋小路に入っていること、米中貿易協議への懸念がぬぐえないことがドルを押し上げたことは、ドル建て資産価格の下落要因に。

独製造業受注は減速。
独製造業受注は前月比▲4.2%(市場予想+0.3%、前月▲2.1%)、前年比▲8.4%(▲3.1%、▲3.6%)と大幅に前月・市場予想とも下回り、欧州諸国の景気減速懸念が強まったことは景気循環銘柄価格の下落要因に。

OPEC原油の供給減少観測。
OPECプラスの合意の下、価格上昇を目指すサウジアラビアが減産を順守していること、ロシアも減産が目標に達したと表明、さらにベネズエラが港湾の混乱でインド向けの原油輸出を停止、米イラン制裁強化方針を受けて供給懸念が意識され、原油価格の上昇要因に。

◆今日のエネルギー市場見通し


「強弱材料混在でもみ合い」

米雇用統計は改善の見込み。
米雇用統計は、雇用者数は前月比+17.7万人(前月+2.0万人)と改善見込みであり、失業率も3.8%(3.8%)と低水準を維持、米雇用環境が良好な状態を継続する見込みであることは景気循環銘柄価格の上昇要因に。

欧州経済統計減速と政治懸念を受けドル高進行か。
独製造業受注が市場予想を上回る減速となったほか、英国のEU離脱が袋小路に入っていること、米中貿易協議への懸念がぬぐえないことがドルを押し上げたことは、ドル建て資産価格の下落要因に。

世界的な原油供給減少懸念。
OPECプラスの合意の下、価格上昇を目指すサウジが減産を順守していること、ロシアも減産が目標に達したと表明、ベネズエラのインド向け原油輸出停止、米イラン制裁強化方針、リビアの内戦激化懸念を受けて供給懸念が意識され、原油価格の上昇要因に。


昨日発表のニュース一覧(総合・エネルギー)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/米原油石油製品在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について