CONTENTSコンテンツ

テクニカルな買戻しと中東懸念で高値もみ合い
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(エネルギー)

2019年5月29日 第1540号

◆昨日のエネルギー市場総括


「テクニカルな買戻しと中東懸念で高値もみ合い」

米・イランの対立による中東原油供給懸念。
米国はイラン産原油の全面禁輸措置発動を開始、空母エイブラハム・リンカーンを中心とする空母打撃軍を派遣、イランは2015年の核合意の一部を破棄し、核開発を再開するなど対立が強まっており供給懸念が強まっていることは原油価格の上昇要因に。

欧州議会選の結果を受けたドル高の進行。
欧州議会選は懸念されたほど極右政党や反EU勢力が議席を伸ばしたわけではないものの、より急進的なリベラル派が台頭、EU情勢が不安定化するとの見方が強まっていることは、リスク回避のドル高を進行させ、ドル建て資産価格の下落要因に。

米消費者信頼感指数は予想外の改善。
米景気に対する説明力の高い消費者信頼感指数は134.1(市場予想130.0、前月129.2)、現況指数が175.2(169.0)、期待指数が106.6(102.7)と予想外の改善となり景気循環銘柄価格の上昇要因となった。

◆今日のエネルギー市場見通し


「材料変わらず、供給不安とドル高でもみ合い」

米中関係の悪化を受けたリスク回避の動き。
米中通商交渉がとん挫し、米国が中国企業に個別に制裁を加える方針を示しており、中国もこうした米国の制裁に対して一歩も引かない構えを見せていることは両国の景気減速懸念を強め、景気循環銘柄価格の下落要因に。

欧州議会選の結果を受けたドル高の進行。
米国はイラン産原油の全面禁輸措置発動を開始、空母エイブラハム・リンカーンを中心とする空母打撃軍を派遣、イランは2015年の核合意の一部を破棄し、核開発を再開するなど対立が強まっており供給懸念が強まっていることは原油価格の上昇要因に。

米・イランの対立による中東原油供給懸念。
米国はイラン産原油の全面禁輸措置発動を開始、空母エイブラハム・リンカーンを中心とする空母打撃軍を派遣、イランは2015年の核合意の一部を破棄し、核開発を再開するなど対立が強まっており供給懸念が強まっていることは原油価格の上昇要因に。


昨日発表のニュース一覧(総合・エネルギー)/主要指標/セクター別パフォーマンス/CFTC投機筋ポジション/米原油石油製品在庫など、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について