CONTENTSコンテンツ

米中交渉悪化とドル高進行で軟調も開戦リスクが下支え
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(エネルギー・週末版)

2019年5月20日 第1533号 週末版

◆昨日のエネルギー市場総括


「米中交渉悪化とドル高進行で軟調も開戦リスクが下支え」

米中協議を巡る新華社通信の報道。
新華社通信は、「中国政府は米中協議に積極的ではない」と報道、両国の交渉が平行線をたどっており交渉が決裂するのではとの懸念が強まったことは、景気循環系商品価格の下落要因に。

実質金利上昇を受けたドル高の進行。
原油価格の下落を受けて期待インフレ率が低下、実質金利が上昇したことはドル高を誘発、ドル建て資産価格の下落要因となった。

米中対立による中東情勢の悪化懸念。
米政府は中東への空母打撃群の派遣を決定、イラクの米駐在員の出国を指示するなど緊張感が高まっていることは、原油供給不安を通じて原油価格の上昇要因に。

◆今日のエネルギー市場見通し


「米中交渉難航とドル高、中東情勢不安でもみ合い」

米中貿易戦争は長期化するとの見方。
G20で何らかの合意に至るとの期待はあるものの、中国が米国との交渉継続に否定的な発言をしていることや、華為技術に対する大規模な制裁発動など、両国が簡単に歩み寄れる状況にないことは交渉の長期化観測を強め景気循環銘柄価格の下落要因に。

米中緊張や中東情勢不安を受けたリスク回避のドル高。
米中交渉は難航し、中東では(実際に開戦にはならないと思うが)開戦の可能性が意識され始めていることは、リスク回避のドル需要を喚起し、ドル高が進行することはドル建て資産価格の下落要因に。

米・イランの対立による中東原油供給懸念。
米国はイラン産原油の全面禁輸措置発動を開始、空母エイブラハム・リンカーンを中心とする空母打撃軍を派遣、イランは2015年の核合意の一部を破棄し、核開発を再開するなど対立が強まっており供給懸念が強まっていることは原油価格の上昇要因に。


昨日発表のニュース一覧(総合・エネルギー)/マクロ材料のポイント(地域経済・為替・株式市場)/主要指標/価格見通し/パフォーマンス/BFOE月間船積み量/米リグ数/統計発表予定/CFTC投機筋ポジション/中国エネルギー統計/米天然ガス在庫/米原油石油製品在庫/ビジネスへのヒントなど、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について