CONTENTSコンテンツ

日本のLNG在庫水準は例年よりも高い
  • MRA商品市場レポート

JKM先物市場は上昇して33ドル台を回復。ロシアのガス供給関連報道を材料にした。生産者の販売価格下落ヘッジと、(一部)投機の手仕舞い売りが入ったためと考えられる。

直近の経済産業省のデータ(9月24日付け資料による)では、8月末時点のLNG大手事業者在庫の水準は過去4年平均を大きく上回っており、厳冬にならなければ「取りあえず」供給不足のリスクは小さそうだ。

しかし、欧州の在庫が十分ではなく想定を上回る厳冬となった場合の、スポット市場価格が高いことは、不慮の調達コストの上昇を意味するためまだ安心とは言えない。

詳しい解説は「MRA商品レポート」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート】について

価格リスクに関する無料のご相談はこちらから

調達コストの削減・安定化

電力コストの削減・安定化

電気料金の市場価格リスクのシミュレーション

「調達・購買・財務担当者のための 原材料の市場分析入門」(ダイヤモンド社)