CONTENTSコンテンツ

米バイデン政権支持率とS&P500騰落率・コロナ感染者数
  • MRA商品市場レポート

米バイデン大統領率いる民主党は、共和党も含む超党派の合意を得て1兆ドル規模のインフラ投資(5年)計画を上院の賛成多数(69:30)で可決した。法案は今後、下院で審議されることになる。1兆ドル投資のうち、主なものを挙げると道路・橋梁整備に1,100億ドル、電力網整備に730億ドル、アムトラックなど鉄道に660億ドル、高速通信網に650億ドル、水道網に550億ドルが投資される見通し。

これまで、多くの先進国では「株価と政権支持率」は連動していた。しかし、バイデン政権については株価と支持率はほぼ関係がなく、より相関が強いのはコロナの感染者数だ。これは現時点ではどこの国も同じだろう。もしこのままコロナの感染者数を減らすことができなかった場合、来年の中間選挙で民主党が敗北する可能性もある。その場合、バイデン政権が主導してきた「脱炭素」の動きが逆転する可能性もある。

詳しい解説は「MRA商品レポート」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート】について

価格リスクに関する無料のご相談はこちらから

調達コストの削減・安定化

電力コストの削減・安定化

電気料金の市場価格リスクのシミュレーション

「調達・購買・財務担当者のための 原材料の市場分析入門」(ダイヤモンド社)