CONTENTSコンテンツ

米雇用環境の改善続く
  • MRA商品市場レポート

2021年6月の米雇用統計は雇用環境の改善が継続していることを確認する内容だった。結果をダイジェストすると、非農業部門雇用者数が前月比+85万人(前月+58.3万人)、民間部門雇用者数が+66.2万人(+51.6万人)、製造業は+1.5万人(+3.9万人)となった。

製造業以外には工業や木材、建設などがあるが非製造業と比較すると規模感が小さい。米国は個人消費の国である。

しかし、過去の景気減速・回復局面での雇用者数の「前年比変化」を見ると、製造業の方が雇用者の整理が早く、回復も早い一方、非製造業の雇用者数変化は景気の変動で雇用者数の前年比変化はそれほど大きくない。

そのため、景気回復局面では製造業の雇用者数の伸びは非製造業を上回ることが多く、それについて行く形で非製造業の雇用者数の伸びが上昇する、という流れとなる。

詳しい解説は「MRA商品レポート」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート】について

価格リスクに関する無料のご相談はこちらから

調達コストの削減・安定化

電力コストの削減・安定化

電気料金の市場価格リスクのシミュレーション

「調達・購買・財務担当者のための 原材料の市場分析入門」(ダイヤモンド社)