CONTENTSコンテンツ

強めの米中統計とドル高で高安まちまち
  • MRA商品市場レポート

2021年5月3日 第1948-4号(GW特別号)商品市況概況

◆昨日の商品市場(全体)の総括


「強めの米中統計とドル高で高安まちまち」

【昨日の市場動向総括】

昨日の商品市場は高安まちまちとなった。中国の製造業・非製造業PMIが減速はしたものの高い水準を維持、米国の経済統計も良好なものが多かったが、インフレを懸念するような材料もそれなりにあり、ドル高が進行したことが重石となった。

商品セクターの中では穀物、非鉄金属セクターが堅調。いずれも「生産減少需要増加」がテーマとなっているセクターであり、当面は上昇圧力が掛りやすい。

特に鉱物資源に関しては今後、バイデン政権が予算案を実際に現実のものにしていくことができるか、といった期待から現実に立ち返る相場展開になるだろう。

なお、昨日最も価格が上昇したのはビットコイン。一方で安全資産の金価格は下落している。ビットコインを安全資産、と分類する人も多いが、弊社としては安全資産需要で物色されている、というよりは市場参加者のリスク選好が強まると上昇するという印象であり、「市場参加者のリスク選好の指標」と整理する方が適切と考えている。その視点では、市場参加者のリスクテイク意欲は旺盛、と言える。

※レポートで紹介するほどではない、軽いニュースに関するコメントはFBで更新していますので、不定期ですがご興味のある方はフォローをお願いします。
https://www.facebook.com/Market.Risk.Advisory/

◆主要ニュース


・3月日本鉱工業生産速報  前月比+2.2%(前月改定▲1.3%)前年比+4.0%(▲2.0%)
 出荷+0.8%(▲1.3%)、+3.9%(▲3.2%)
 在庫+0.1%(▲0.7%)、▲10.1%(▲9.5%)

・4月日本製造業PMI改定 53.6(速報比+0.3、前月改定 52.7)

・3月日本失業率 2.6%(前月2.9%)、有効求人倍率 1.10倍(1.09倍)

・4月東京消費者物価指数 前年比▲0.6%(前月▲0.2%)
 除く生鮮▲0.2%(▲0.1%)、除く生鮮エネルギー±0.0%(+0.3%)

・3月日本住宅着工戸数 前年比+1.5%の88.0万戸(前月▲3.7%の80.8万戸)

・4月日本消費者態度指数 34.7(前月36.1)

・4月中国製造業PMI 51.1(前月51.9)、生産 52.2(53.9)
 新規受注 52.0(53.6)、輸出新規受注 50.4(51.2)
 受注残 46.4(46.6)、輸入 50.6(51.1)
 完成品在庫 46.8(46.7)、原材料在庫 48.3(48.4)

・4月中国鉄鋼業PMI 45.4(前月47.9)、生産 47.0(51.3)
 新規受注 44.4(43.3)、輸出新規受注 51.7(43.7)
 完成品在庫 34.4(33.2)、原材料在庫 35.5(36.6)

・4月中国非製造業PMI 54.9(前月56.3)、新規受注 51.5(55.9)
 新規輸出 48.1(50.3)、受注残 45.8(45.9)、在庫 47.2(48.2)
 雇用 48.7(49.7)

・4月中国財新製造業PMI 51.9(前月 50.6)

・Q121独実質GDP速報 前期比▲1.7%(期改定+0.5%)、労働日調整済前年比▲3.3%(▲2.3%)、季節調整前 前年比▲3.3%(▲2.3%)

・4月ユーロ圏消費者物価指数 前月比+0.6%(前月+0.9%)前年比+1.6%(+1.3%)、コア指数 +0.8%(+0.9%)

・Q121ユーロ圏実質GDP 前期比▲0.6%(前期確定▲0.7%) 前年比▲1.8%(▲4.9%)
 
・3月米個人所得 前月比 +21.1%(前月▲7.0%)
 個人支出+4.2%(▲1.0%)
 実質支出+3.6%(▲1.2%)
 PCEデフレータ 前月比+0.5%(+0.2%)、前年比+2.3%(+1.5%)
 コアデフレータ 前月比+0.4%(+0.1%)、前年比+1.8%(+1.4%)
 貯蓄率 276%(13.6%)

・4月シカゴ購買部協会指数 72.1(前月 66.3)

・4月米ミシガン大学消費者マインド指数改定 88.3(速報比+1.8、前月84.9)
 現況指数 97.2(±0.0、93.0)
 先行指数 82.7(+3.0、79.7)
 1年期待インフレ率 3.4%(▲0.3%、3.1%)
 5年期待インフレ率 2.7%(±0.0%、2.8%)

・中国、周辺海空域での米軍の活動に自制を要求。

・米通商代表部、「中国は第一段階の通商合意で約束した、知的財産の保護を果たしていない。」

◆エネルギー・メタル関連ニュース


【エネルギー】
・ベイカー・ヒューズ週間米国石油リグ稼働数342(前週比▲1)
 ガスリグ 96(前週比+2)。

・Q121 ExxonMobil
 石油換算総生産量378万9,000バレル(前期368万9,000バレル、前年404万6,000バレル)

 液体石油生産 225万8,000バレル(232万5,000バレル、248万バレル)
  米国 66万5,000バレル(71万9,000バレル、69万9,000バレル)

 天然ガス生産 9,773MCFD(8,185MCFD、9,396MCFD)
  米国 2,767MCFD(2,686MCFD、2,825MCFD)

 CAPEX合計 31億3,300万ドル(47億7,100万ドル、71億4,300万ドル)
  上流部門投資 23億5,700万ドル(29億3,400万ドル、51億2,600万ドル)

・チャド、「チャド変革友愛戦線(FACT)」と政府軍との戦闘が再開。19日にデビ大統領が戦闘に巻き込まれて死亡。

・サウジアラムコ、5月積みのプロパンガスを▲65ドルの495ドル、ブタンも▲55ドルの475ドルに引き下げ。

【メタル】
・Q121 Glencore
 銅生産 前年比+3%の301.2千トン(前期▲9%の323.4千トン、前年293.3千トン)
 2021年生産目標 1,220±30千トン(前回 1,220±30千トン)

 コバルト +11%の6.8千トン(▲51%の5.8千トン、6.1千トン)
 35±2千トン(35±2千トン)

 亜鉛 ▲4%の282.6千トン(+16%の310.3千トン、295.6千トン)
 1,250±30千トン(1,250±30千トン)

 鉛 ▲10%の55.3千トン(+8%の65.1千トン、61.7千トン)

 ニッケル ▲11%の25.2千トン(▲9%の28.4千トン、28.2千トン)
 117±5千トン(117±5千トン)

 金 +6%の224千オンス(+9%の261千オンス、211千オンス)

 銀 ±0.0%の7,761千オンス(+15%の9,546千オンス、7,778千オンス)

 フェロクロム +3%の399千トン(▲7%の378千トン、388千トン)
 1,400±30千トン(1,400±30千トン)

 石炭 ▲23%の24.5百万トン(▲36%の22.7百万トン、31.9百万トン)
 石炭合計生産目標 113±4百万トン(113±4百万トン)

・WGC、Q121の世界の金需要は815.7トン(前期813.7トン)と小幅に増加。中国需要は286.4とQ117以来の高水準。ETF残高は▲177.9トンとQ413以来の大幅な減少。中央銀行の金購入は95.5トンとQ220以来の高水準だが2018・2019年に見られた水準は大幅に下回る。

◆主要商品騰落率


【上昇率上位5商品】

商品名(カテゴリー)/前日比上昇率/年初来上昇率
1.ビットコイン ( その他 )/ +7.22%/ +95.94%
2.CBTトウモロコシ ( 穀物 )/ +5.41%/ +52.89%
3.ICE欧州天然ガス ( エネルギー )/ +4.06%/ +6.81%
4.CBT大豆油 ( 穀物 )/ +3.74%/ +58.00%
5.CME木材 ( その他農産品 )/ +3.18%/ +71.86%

【下落率上位5商品】

商品名(カテゴリー)/前日比上昇率/年初来上昇率
66.ICEココア ( その他農産品 )/ ▲4.76%/ ▲10.03%
65.LIFFEココア ( その他農産品 )/ ▲3.25%/ ▲9.27%
64.CME生牛 ( 畜産品 )/ ▲2.91%/ +2.70%
63.NYM WTI ( エネルギー )/ ▲2.20%/ +31.04%
62.NYM灯油 ( エネルギー )/ ▲2.05%/ +30.13%

※弊社が重要と考える主要商品の前日比騰落率上位・下位5品目です。
※限月交代に伴う価格の不連続性は考慮されていません。予めご容赦ください。

◆主要指標


【為替・株・金利・ビットコイン】
NY ダウ :33,874.85(▲185.51)
S&P500 :4,181.17(▲30.30)
日経平均株価 :28,812.63(▲241.34)
ドル円 :109.31(+0.38)
ユーロ円 :131.39(▲0.64)
米10年債 :1.63(▲0.01)
中国10年債利回り :3.15(▲0.03)
日本10年債利回り :0.10(▲0.00)
独10年債利回り :▲0.20(▲0.01)
ビットコイン :56,814.44(+3823.54)

【MRAコモディティ恐怖指数】
総合 :21.66(+0.44)
エネルギー :22.22(+0.49)
ベースメタル :20.03(▲0.26)
貴金属 :18.93(+0.16)
穀物 :24.63(+0.74)
その他農畜産品 :21.58(+0.66)

【主要商品ボラティリティ】
WTI :30.04(+1.34)
Brent :27.33(+0.42)
米天然ガス :28.21(+0.72)
米ガソリン :23.45(+0.72)
ICEガスオイル :21.62(+0.08)
LME銅 :16.76(+0.42)
LMEアルミニウム :11.90(▲0.38)
金 :17.81(+0.54)
プラチナ :23.86(+0)
トウモロコシ :31.28(+3.23)
大豆 :17.81(+0.54)

【エネルギー】
WTI :63.58(▲1.43)
Brent :67.25(▲1.31)
Oman :65.22(▲0.72)
米ガソリン :206.98(▲3.01)
米灯油 :192.11(▲4.03)
ICEガスオイル :533.75(▲10.00)
米天然ガス :2.93(+0.02)
英天然ガス :60.24(+2.35)

【貴金属】
金 :1769.13(▲3.05)
銀 :25.92(▲0.18)
プラチナ :1203.39(+0.87)
パラジウム :2941.48(▲18.41)
※ニューヨーククローズ。

【LME非鉄金属】
(3ヵ月公式セトル)
銅 :9,940(▲44:9.5B)
亜鉛 :2,918(▲27:14C)
鉛 :2,138(+22:21C)
アルミニウム :2,438(+9:7B)
ニッケル :17,512(+55:35C)
錫 :28,975(+230:3218B)
コバルト :45,165(▲1,935)

(3ヵ月ロンドンクローズ)
銅 :9809.00(▲52.00)
亜鉛 :2917.50(+5.50)
鉛 :2143.50(+30.50)
アルミニウム :2420.50(+7.00)
ニッケル :17570.00(+305.00)
錫 :28300.00(+100.00)
バルチック海運指数 :3,007.00(+50.00)
※C=Cash-3M コンタンゴ、B=Cash-3M バック

【鉄鋼原料】
62%鉄鉱石スポット(CFR中国、1営業日前) :186(▲1.04)
SGX鉄鉱石 :179.63(▲0.15)
NYMEX鉄鉱石 :179.63(+0.32)
NYMEX豪州原料炭スワップ先物 :110.19(▲0.18)
大連原料炭先物 :248.65(+0.82)
上海鉄筋直近限月 :5,362(▲1)
上海鉄筋中心限月 :5,418(+5)
米鉄スクラップ :603(▲2.00)

【農産物】
大豆 :1571.00(+28.50)
シカゴ大豆ミール :426.00(+3.40)
シカゴ大豆油 :68.46(+2.47)
マレーシア パーム油 :4408.00(▲13.00)
シカゴ とうもろこし :740.00(+38.00)
シカゴ小麦 :742.50(+5.00)
シンガポールゴム :226.00(+1.00)
上海ゴム :13735.00(▲50.00)
砂糖 :17.44(+0.36)
アラビカ :139.95(▲1.45)
ロブスタ :1418.00(▲3.00)
綿花 :87.43(+1.54)

【畜産物】
シカゴ豚赤身肉 :110.13(+1.40)
シカゴ生牛 :116.00(▲3.48)
シカゴ飼育牛 :133.60(▲0.88)

※全ての価格は注記が無い限り、取引所で取引される通貨建。
※限月交代に伴う価格の不連続性は考慮されていません。予めご容赦ください。