CONTENTSコンテンツ

ITセクター以外の株指数が上昇
  • MRA商品市場レポート

FRBが緩和スタンスを維持するのみならず、イエレン財務長官は1.9兆ドルの経済対策の他に実施されるとみられる、2兆ドルのクリーンインフラ投資について言及しており、こちらも来年の中間選挙を考えると、実施される可能性が高いと考えられる。

こうした動きを先取りしてか、株式市場ではIT企業株が売られ、非IT企業株が上昇している。非接触型ビジネスから接触型ビジネス(旧来型のビジネス)へのシフトが、上記の現物需要を伴うインフラ投資を背景に発生している可能性がある。

こうなると、鉱物資源価格は公的需要に支えられる中で、上昇する可能性が高まることになる。

詳しい解説は「MRA商品レポート」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート】について

価格リスクに関する無料のご相談はこちらから

調達コストの削減・安定化

電力コストの削減・安定化

電気料金の市場価格リスクのシミュレーション

「調達・購買・財務担当者のための 原材料の市場分析入門」(ダイヤモンド社)