CONTENTSコンテンツ

ラニーニャ現象の年はなぜか政治インベントが多い
  • MRA商品市場レポート

2020年は米国とイランの対立、その後の新型コロナウイルスの発生で世界経済が大混乱となった。そもそもオリンピックが東京で予定されていたことなど嘘のようである。しかし、過去の異常気象の発生状況を振り返ると、2021年も穏やかな年にならないかもしれない。

まず現時点(2020年12月時点)でラニーニャ現象が発生している。気象庁ではラニーニャ現象とは、太平洋の赤道付近の海面温度の5か月移動平均が、過去30年の数値よりも0.5度以上低い状態が続く現象と定義している。逆に0.5度以上高くなる現象をエルニーニョ現象と定義している(なお、この定義は国によって微妙に異なる)。エルニーニョ現象やラニーニャ現象が発生すると、世界各地で異常気象が発生しやすくなる。

【MRA商品レポート】について

価格リスクに関する無料のご相談はこちらから

調達コストの削減・安定化

電力コストの削減・安定化

電気料金の市場価格リスクのシミュレーション

「調達・購買・財務担当者のための 原材料の市場分析入門」(ダイヤモンド社)