CONTENTSコンテンツ

BrentとLME銅の期間構造変化の比較
  • MRA商品市場レポート

サウジアラムコの調整金引き下げはエネルギー価格を押し下げたが、基本的に調整金は期間構造を反映して決定されるため、足元の需給が緩和して期間構造がコンタンゴになったことを表している。

このことは、商品市場動向を分析するうえで、期間構造の把握が需要であることを示唆している。グラフはBrentとLME銅の価格期間構造の比較だが、エネルギーセクターの需給が緩和する一方、銅需給がタイト化していることを伺わせる内容。

詳しい解説は「MRA商品レポート」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート】について

価格リスクに関する無料のご相談はこちらから

調達コストの削減・安定化

電力コストの削減・安定化

電気料金の市場価格リスクのシミュレーション

「調達・購買・財務担当者のための 原材料の市場分析入門」(ダイヤモンド社)