CONTENTSコンテンツ

オマハの賢人 資源インフレを警戒?
  • MRA商品市場レポート

先週のニュースであるが、日本でも人気のあるバフェット氏が5大商社の株を購入したと話題になった。業務範囲が多岐にわたり、各国で投資を行っているから、ということが判断材料のようだが、株価動向を見ると商社の株は資源価格に連動していることが確認できる(伊藤忠の株価の上昇が他を上回っているのは、非資源関連ビジネスの拡大が評価されている模様)。

バフェットの投資判断材料の中に、今後、過剰緩和で資源インフレが世界的に始まるかもしれない、その中で他の国と比較して日本企業の株は割安、という判断が働いた可能性は否定できない。

詳しい解説は「MRA商品レポート」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート】について

価格リスクに関する無料のご相談はこちらから

調達コストの削減・安定化

電力コストの削減・安定化

電気料金の市場価格リスクのシミュレーション

「調達・購買・財務担当者のための 原材料の市場分析入門」(ダイヤモンド社)