CONTENTSコンテンツ

主要商品騰落率
  • MRA商品市場レポート

正直、商品市場から見ていると株価は現状を楽観しすぎに見える。というよりは、景況感とは関係なく値動きする商品になったというほうが正しいのかもしれない。

ただ、野放図に株価が上昇すれば買い一巡後に割安な商品が物色対象になる、ということはあり得るだろう。基本、需給ファンダメンタルズが価格の方向性を決定するが、あまりに過剰な資金供給が続けば、その「割安銘柄循環物色のリスク」は意識しておきたいところだ。

詳しい解説は「MRA商品レポート」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート】について

価格リスクに関する無料のご相談はこちらから

調達コストの削減・安定化

電力コストの削減・安定化

電気料金の市場価格リスクのシミュレーション

「調達・購買・財務担当者のための 原材料の市場分析入門」(ダイヤモンド社)