CONTENTSコンテンツ

ドル高進行で軟調も安値拾いの買いと供給制限観測で底堅い
  • MRA商品市場レポート for MANAGEMENT(メタル・週末版)

2020年3月23日 第1710号 週末版

◆昨日のベースメタル市場総括


「ドル高進行で軟調も安値拾いの買いと供給制限観測で底堅い」

コロナウイルスの感染拡大による生産者の生産調整。
ペルーなどは国家非常事態を宣言、人が集められないこともあって鉱山の稼働を停止ないしは低下させる動きが強まっており、供給面での制限が強まるとの見方が強まったことは非鉄金属価格の上昇要因に。

四半期末決算を睨んだドル調達需要の高まり。
コロナショック・第2次OPECショックで原油価格が急落、エネルギーセクターの景況感悪化が信用リスクまで波及する懸念や、FRBの▲1.5%緊急利下げはファンドの経営不安を背景としたものでは、との懸念からドル確保のドル建て資産売り圧力が高まっていることは、ドル建て資産価格の下落要因に。

中国の工場再稼働観測を受けた安値拾いの買い。
中国のコロナウイルスの感染拡大ペースは鈍化、政府の報道通りであれば4月頃に終息すると見られ、工場が部分的にでも稼働を再開していることは、実需筋の安値拾いの買いを誘い、価格の上昇要因に。

◆今日のベースメタル市場見通し


「ドル高一服と生産調整、中国工場稼働再開で小幅上昇」

ドル調達圧力後退に伴う換金売り圧力の低下。
実際に3月末を越えてみないとわからないが、ドル円のベーシスが縮小していることは、3月末の決算を睨んだ企業やファンド、市場参加者のドル調達に目処が立ちつつある可能性があり、ドル下落を通じてドル建て資産価格の上昇要因に。

コロナウイルスの感染拡大による生産者の生産調整。
ペルーなどは国家非常事態を宣言、人が集められないこともあって鉱山の稼働を停止ないしは低下させる動きが強まっており、供給面での制限が強まるとの見方が強まったことは非鉄金属価格の上昇要因に。

売られすぎからの買戻し。
コロナウイルス対策や金融緩和措置がまったく評価されず大幅な下落となっているが、冷静に考えると景気にとってはプラスであり、中国の工場再稼働報道もあってさすがに買戻しが入りやすい水準に低下していることは、非鉄金属価格の上昇要因に。


昨日発表のニュース一覧(総合・メタル)/マクロ材料のポイント(地域経済・為替・株式市場)/主要指標/メタル価格中長期見通し/パフォーマンス/LME在庫/非鉄金属価格・取引所在庫・期間構造/上海在庫/統計発表予定/中国ベースメタル貿易統計/中国関連経済統計/中国鉄鉱石・鉄鋼製品在庫/ビジネスへのヒントなど、詳しい解説は「MRA商品レポート for MANAGEMENT」にてご確認いただけます。
【MRA商品レポート for MANAGEMENT】について